« 警察庁長官銃撃事件から見える司法の能力低下 | トップページ | 巨人戦のあとのタイガース(5月3日) »

今年のタイガース行ける?

今年の阪神巨人戦は、最初の甲子園球場東京ドームの各3ゲーム合計6ゲームを3勝3敗でイーブンで終わりました。しかしながら、4月30日からの甲子園球場3連戦で我がタイガースが3連勝しました。5月3日からのドラゴンズ戦で3連勝すれば優勝宣言しても良い。

阪神ファンの「勝った!勝った!また勝った!よーわい巨人にまた勝った!」の自虐的なフレーズを思い出しました。

ほんとうは「強い巨人に勝った」と言いたいのだけれど、巨人が強いことを認めたくないのです。、逆に巨人は弱いから阪神が勝つんだと言う意味を込めている。ことほどさように、阪神ファンはジャイアンツに勝つことが、リーグ戦の順位以上にうれしいのです。だから、首位の巨人に勝って阪神が首位になるなんてことは最高なんです。

さて、5月2日の巨人戦でエラーをした鳥谷・新井・桜井・久保田・マートンは守備練習をやりプロとして恥ずかしくないプレーをして欲しい。
その中でもライト桜井の7回長野選手のライトオーバーを3塁打にしてしまった守備はヘタクソだし、この試合をもつれさせた原因の一つです。
エラーにはなっていないが久保田投手のホークボールついて、二度に渡るホークボールは暴投?パスボール?
城島捕手がホークボールを要求したことや捕球にも責任があると考えます。

城島選手!久保田のホークボールを体で止めてくれ!

« 警察庁長官銃撃事件から見える司法の能力低下 | トップページ | 巨人戦のあとのタイガース(5月3日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/34490022

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のタイガース行ける?:

« 警察庁長官銃撃事件から見える司法の能力低下 | トップページ | 巨人戦のあとのタイガース(5月3日) »

無料ブログはココログ