« 鎌倉市民による住民監査請求の意見陳述を傍聴しました。 | トップページ | タダほど高いものは無い!? »

鎌倉と藤沢の住民監査請求から見えてくるもの!

鎌倉市と藤沢市の住民監査請求を過去5ヵ年の事例を含めて比較して見ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                 


     
 

鎌倉市・藤沢市 住民監査請求手続処理比較

 
 

住民監査

 
 

項目

 
 

鎌倉市

 
 

藤沢市

 
 

事例

 
 

土地開発公社

 
 

緑地先行取得

 
 

道路用地先行取得

 
 

監査人

 
 

全数(議員)

 
 

2(1)名

 
 

4(2)名

 
 

受付

 
 

受付日

 
 

2010/4/8

 
 

2010/4/23

 
 

受理

 
 

受理・通知日

 
 

2010/4/16

 
 

2110/4/27

 
 

プレスリリース

 
 

なし

 
 

あり

 
 

陳述

 
 

陳述日

 
 

2010/5/11

 
 

2010/5/10

 
 

陳述時間

 
 

20分

 
 

請求人・市側共1j時間

 
 

監査委員の質疑

 
 

なし

 
 

請求人・市側共あり

 
 

請求人陳述

 
 

請求人陳述

 
 

あり

 
 

あり

 
 

市側職員立会

 
 

なし

 
 

あり

 
 

市側職員陳述

 
 

市側職員陳述

 
 

なし

 
 

あり

 
 

請求人立会

 
 

なし

 
 

あり

 
 

監査結果

 
 

公表日

 
 

掲示板・HP

 
 

掲示板・HP

 
 

プレスリリース

 
 

なし

 
 

あり

 
 

その他

 
 

速記者

 
 

なし

 
 

あり

 
 

録音

 
 

あり

 
 

あり

 
 

写真撮影

 
 

許可により可

 
 

 
 

※ 監査人数は地方自治法の定めによる。(人口)

 
 

 
 

 

鎌倉市・藤沢市 平成17~21年度住民監査請求件数比較

 
 

住民監査

 
 

項目

 
 

鎌倉市

 
 

藤沢市

 
 

H17年度

 
 

申立

 
 

1

 
 

0

 
 

H18年度

 
 

申立

 
 

0

 
 

0

 
 

H19年度

 
 

申立

 
 

0

 
 

0

 
 

H20年度

 
 

申立

 
 

3

 
 

0

 
 

H21年度

 
 

申立

 
 

2

 
 

2

 
 

件数合計

 
 

申立

 
 

6

 
 

2

 
 

受理件数

 
 

受理

 
 

2

 
 

2

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

藤沢市受理案件

 
 

1.武田薬品㈱研究所排水-H21年度

 
 

2.善行地区の土地先行取得(市民農園)-H21年度

 
 

鎌倉市受理案件

 
 

1.大船観音前マンション開発-H17年度

 
 

2.相続税の過誤納付裁判-H21年度

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 
 

鎌倉市不受理案件

 
 

 
 

H20年度

 
 

1.大町地区市道に私門柱問題 

 
 

 
 

H20年度

 
 

2.豆腐川宅地開発 

 
 

 
 

H20年度

 
 

3.関谷地区生ゴミ処理用地 

 
 

 
 

H21年度

 
 

4.高額ピアノ購入 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

善行地区土地先行取得の監査報告書ーH21年度藤沢市「fujisawasiminnnouen.pdf」をダウンロード

相続税過誤の監査報告書ーH21年度鎌倉市「.pdf」をダウンロード

住民監査請求書の受理ー藤沢市プレスリリース「.PDF」をダウンロード

 

※ 過去5年間に受理し監査を行った(藤沢2件、鎌倉2件)ものを調査したところ

 

  ①藤沢では、市側が意見陳述をしているが、鎌倉では行われていないし、請求人

   の陳述も聴取していない。

  ②藤沢市では受理をメディアにプレスリリースし、新聞が報道している。鎌倉市

   は、監査受理のプレスリリースを行わず、監査結果を掲示板と監査事務局の

   HPに掲載しているだけです。鎌倉市民は住民監査請求が行われていることを

   知らされていない。監査結果についても、市の広報誌やホームページのトップ画

   面にある「お知らせ」に掲載されないのでほとんどの市民は知らない。

  ③鎌倉市では、住民監査請求申立のうち4件が門前払いとなっている。

   監査委員さんには、住民の訴えに齟齬があっても受理して話を聞こうという立場

   に立って対応して欲しいものです。

   市側の陳述が行われないのは、住民の訴えに真摯に対応していないからだと

   思います。

   監査を裁判に例えれば、裁判官が監査委員で、原告が市民、被告が市です。

   裁判で被告が反対討論をしないなんて考えられますか?

   民事裁判なら負けてしまいます。

   市の怠慢と言われてもしようがないと考えます。

 

   まとめ

   住民の行政に対する訴えに対して説明責任を果たすために、鎌倉市は請求人

   に意見陳述しなければならないし、監査委員も陳述を求めるべきだと考えます。

   地方自治法では、監査結果の公表だけを求めていますが、藤沢市のように積

   極的に情報公開して欲しい。

« 鎌倉市民による住民監査請求の意見陳述を傍聴しました。 | トップページ | タダほど高いものは無い!? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/34793584

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉と藤沢の住民監査請求から見えてくるもの!:

« 鎌倉市民による住民監査請求の意見陳述を傍聴しました。 | トップページ | タダほど高いものは無い!? »

無料ブログはココログ