« 鎌倉市職員手当はお手盛り? | トップページ | 鎌倉市生ゴミ問題について »

公務員の給料という言葉は民間企業の給料の意味と違います!

総務省などで公務員の給料や給与が年度ごとに発表されています。
平成22年12月28日付読売新聞記事「自治体職員給与の全国1位は横浜市」を精査しましたところ、横浜市の給与は全国1位ではなく、ラスパイレス指数が全国1位でした。
この記事は、12月27日総務省が発表した「平成22年地方公務員給与実態調査結果の概要」の中にある「平成22年地方公務員給与実態調査結果のポイント」からと考えられます。
この文書の中に「ラスパイレス指数とは、地方公共団体の一般行政職の給料額(本給)と国の行政職俸給表(一)の適用職員の俸給額(本給)とを、学歴別、経験年数別にラスパイレス方式により対比させて比較し、算出したもので、国を100としたものである」書かれています。
 さらに指定都市別ラスパイレス指数、平均給与月額等の状況 には、横浜市よりもさいたま市の給与が月額46,646円高い月額504,260円と示されています。

官で言う給料は、本給(基本給)のことを言い、民で言う基本給のことを言います。
民で言う給料(基本給+手当)を、官では給与と言います。

残念ながら日本1位の発行部数を誇る読売新聞でさえ、公務員の給料と給与の違いを間違えるあやふやな認識しかないのです。

平成21年4月1日現在地方公務員給与全国1位は鎌倉市でした。鎌倉市は、平成22年4月現在市区町村別ラスパイレス指数、平均給与月額等の状況(神奈川県)では、神奈川県下では1位ですが、さいたま市より265円安い503,995円でした。

« 鎌倉市職員手当はお手盛り? | トップページ | 鎌倉市生ゴミ問題について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/38281459

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の給料という言葉は民間企業の給料の意味と違います!:

« 鎌倉市職員手当はお手盛り? | トップページ | 鎌倉市生ゴミ問題について »

無料ブログはココログ