« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

放射能と食品

神奈川県産の「足柄茶」から基準値を超える放射能が検出され、神奈川県は生産者に

商品回収と出荷自粛を求めたとの記事がでた。

 

神奈川県での農産物や水産物では始めての出荷自粛要請です。

ついに、神奈川県産の商品から放射能が検出され出荷が止められることになりました。

神奈川県西部の産物が汚染されたと言うことは、神奈川県全体が既に放射能に汚染さ

れている状態と同義語です。

他地区の農水産物の風評被害への影響が心配です。

鎌倉おやじは、57日に富士宮市を14キロほど歩いてきました。その時に、富士山浅間神社本宮前売店で今年の新茶を買い求めました。52日に一番葉を摘み翌日に新茶としたとお茶屋さんが説明してくれました。今年は、東日本大震災でゴールデンウイ―クの「お茶祭り」が中止になり困っているとのことでした。

 志村けんの「大丈夫だ~」じゃないですが、次から次へと後出しジャンケンのように

悪いニュースが出てきているように思われてなりません。

 

文部省は新たに決めた学童に対する放射能規制値が、病院のレントゲン室等で規

制されている規制値の6から7倍にもなる規制値に緩和したとの新聞記事が出て

いた。

そのために菅直人首相から任命された原子力関係の顧問が、抗議の辞任をしたと報じ

られていた。

 

放射能は、幼児や小さな子供たちへの影響が多いと言われています。

鎌倉おやじのようなリタイヤ組はどうでもよいですが、これからの日本を背負う世代

が病気になる心配があっては大変です。

日本の国を若い世代に引き継ぐことが出来なくなる一大事ではないですか。

幼い子供達への放射能の規制値を一時的にでも緩和することは、避けなければな

らないと考えます。

第二次世界大戦中の学童疎開と同様のことをやったほうが良いのではないですか。

このことに関する教育界や学識者の声が少ないのが残念でなりません。

昔の日教組は、自らの待遇改善等のため文科省に大きな圧力を掛けました。

いまの日教組は、どうしているのかなー。

 

鎌倉市職員による街頭募金(2)

平成23年5月8日で終了した市職員による街頭募金の結果が出ました。

募金合計額3,970,914円(ゴールデンウィーク8日間)

 

Ⅰ 鎌倉市が、市職員に東日本大震災の義援金を募った。平成23420日)

 

日本赤十字義援金     1,033,052

鎌倉市社会福祉協議会義援金 475,351

       合計1,508,403

鎌倉市職員は約1500名弱である。

職員一人当たり1000円余の義援金をしたことになる。

 

Ⅱ 鎌倉市職員の過去災害に対する義援金

 

1995年阪神淡路大震災は記録がありません。

2004年中越地震の募金データーはありますが、市職員だけを区分したデーターはありません。(市が市職員に義援金の募集をしなかったようです)

 

平成21年度鎌倉市職員は、国家公務員と東京都を初めとする都道府県や全国市区

町村の地方公務員の中で日本一の給与を貰っている。(平均給与ベース)

すなわち、公務員と名の付く日本中の職員で日本一なのです。

鎌倉市職員の給与は、一人当たり平均900万円弱/年間です。

 

Ⅲ 国会議員は寄付に制限があるので、歳費を3ヶ月間3割カットした。 

Ⅳ 鎌倉市議会議員は議員一人当たり1万円を全国議長会通じて義援金が送ら
れた。

Ⅴ 県職員2555万円を75935(平成204月現在)の職員数で割ると1人あたり341です。

 

  最後に、街頭募金実施に協力された市職員の皆様ご苦労様でした。

  ところで、鎌倉市職員は、県職員の約3倍近い義援金を出していますが、一人当たり

  千円余の金額が多いかどうかは皆様が判断してください。

鎌倉市職員が街頭義援金募金活動!

110430bokin1

平成23年ゴールデンウィークの休祭日AM1000~PM400に鎌倉駅西・東口、北鎌倉駅、大船駅西・東口の各駅頭で鎌倉市職員有志による義援金活動が行われています。(窓口・健康福祉部)

110430bokin_2

 








市職員の久々のクリーンヒット(募金活動)と見ようと大船駅に出かけました。

 

430日午後取材したとき、市職員が大船駅東口5人、西口3人駅頭に立っていました。

有志による活動と聞いていましたが、一部職員ではあるが.......

             声を出さず、下を向いて笑顔なしの人が見かけられた。

同じ活動するなら元気よくやれば、募金も集まるし、自分の気分も良くなるのにと、

感じました。

その後、松尾たかし市長が、参加し自らの子供といっしょに声を出して募金をお願い

されていました。

 東日本大震災に対する鎌倉市職員ついての私の望みは、

「百聞は一見にしかず」

110430bokin3

鎌倉市各セクションの職員が被災地の現状

を知るため、市の経費かボランテイアで現地

に訪問して欲しい。現地自治体職員がどの

ような対応をしているのかを見て、経験

し、鎌倉市政に活かすのが、本来の職務で

はないかと考えています。 

 


53日朝日新聞神奈川版記事に

 「県職員の義援金、過去最高2555万円」

県は、県職員に被災者への義援金を募った結果、過去最高額2555万円が集まったと発表した。その義援金は日本赤十字社に寄付された。過去、1995年阪神・淡路大震災で2507万円、2004年中越地震で1059万円を職員から集めた。

 

市職員が同じ義援金でどのくらい募金したのか、鎌倉市に問い合わせしたいもので

す。

 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ