« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

11月大阪ダブル地方選

マスコミは、大阪維新の会橋下代表と松井幹事長が、それぞれ大阪市長選と大阪府知事選に出馬することになり、各政党がアタフタしていると報じている。

大阪維新の会は、大阪都構想を掲げており府議会と堺市議会で第1党であり,所属議員の多くは旧自民党議員だそうです。

民主も自民も候補者選定で難航し、国レベルでの行動が出来ずに府レベルの動きになっている。前回の統一地方選では民主党は敗れている。自民党と比べると民主党は地方組織が弱い。独自候補を擁立できず、自民・公明と一緒になって候補者を推薦するらしい。このようなことでは、民主党の地方組織は壊滅状態になると危惧される。そうなれば、次回衆議院選の結果も早晩予想できる。

かたや、自民党も候補者選定で府レベルと国レベルで齟齬があったと報じられており、独自候補を出せないでいる。大阪維新の会と正面きって争えない事情があるらしい。

民主党と自民党の2大政党の機能がおかしくなっており、政党力が落ちている。これらは全て政治ガバナンス能力の低下そのものだといえるのではないか。

橋下徹代表に対向することが出来ないようでは、民主と自民はもはや2大政党ではない。

幕末の黒船襲来で慌てふためく江戸幕府と同じだ。政治の大変革が起こる予感がしてきた。

 

為替取引に課税を!!

日本円が対ドルに対して過去最高の円高になったと騒いでいる。

1990年代バブルの時代や米国リーマンショックそして今回のギリシャ国家財政悪化に端を発したユーロ圏国家財政不安による世界経済の混乱による影響がでている。

ITにより瞬時に世界の出来事が伝わる時代になり世界中のお金が為替取引の道具になり、実体経済が伴わない為替取引が金儲けの道具になっている。

ヘッジファンドが大きな存在として取り上げられたのは2000年以降だと思うが、彼らは地域や国家間格差が発生しているところに金を移動させ、お金そのものでお金儲けをしている。

アップルが携帯で大きな利益を上げても誰も文句は言わないが、これら金融取引は、実態経済を拡大させるわけではない。単なるマネーゲームです。

昨今のニュヨーク・ウォール街でのデモは、一部の金融取引業者だけに富が集中して国民生活に格差が出ているからです。挙げ句の果てに、世界中に為替問題を発生させている。

ユーロ圏で金融恐慌が発生すれば、またぞろ国家や銀行が倒産するからと金融支援を税金で賄うことにつながる。

 日本の主産業である輸出産業が、為替問題で疲弊するなんて本末転倒です。

実体経済を阻害するものは断固として阻止しなければならないし、ヘッジファンド等

金融業者の餌食になることは止めなければならない。

実体経済による為替変動は止むを得ないが、金融取引による変動は止めるべきです。

世界の主要国は、為替取引に課税をして、投機マネーの移動を規制すべきと考えま

す。

 


鎌倉市議会9月議会決算委員会の委員意見から見た議員・会派評価

鎌倉市議会の構成

議会3役

議長:伊東市議(みらい)、副議長:大石市議(公明)、監査委員:中村(総)市議(かがやく)

会派名(略称)議員所属数

神奈川ネットワーク運動・鎌倉(ネット)4名、日本共産党鎌倉市議会議員団(共産)4名、

鎌倉みらい(みらい)4名、公明党鎌倉市議会議員団(公明)3名、

かがやく鎌倉を創る会(かがやく)3名、鎌倉無所属の会(鎌無)3名、

民主党鎌倉市議会議員団(民主)2名、無所属議員4名、 合計議員数27名。

決算委員会の委員選出方法

会派所属議員から会派所属数により12名が選出されており、

決算委員は会派代表として選出されている。

決算委員会メンバー(会派名)

委員長:前川市議(みらい)、副委員長:赤松市議(共産)

委 員:西岡市議(公明)、飯野市議(民主)、久坂市議(かがやく)、

:渡辺()市議(みらい)、小田嶋市議(共産)、安川市議(鎌無)

:三宅市議(ネット)、太田市議(ネット)、 合計10名。

 

決算委員の意見数(多数順)

                                                                 
 

順位

 
 

1

 
 

2

 
 

3位

 
 

4

 
 

5

 
 

6

 
 

6

 
 

8位

 
 

9

 
 

合計

 
 

議員名

 
 

飯野

 
 

小田嶋

 
 

三宅

 
 

久坂

 
 

西岡

 
 

太田

 
 

赤松

 
 

渡辺

 
 

安川

 
 

9

 
 

意見数

 
 

11

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

34

 

 

会派別意見数(多数順)

                                                     
 

順位

 
 

1

 
 

2

 
 

3位

 
 

4

 
 

5

 
 

6

 
 

7

 
 

合計

 
 

会派名

 
 

民主

 
 

共産

 
 

ネット

 
 

かがやく

 
 

公明

 
 

みらい

 
 

鎌無

 
 

会派

 
 

意見数

 
 

11

 
 

8

 
 

7

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

34

 

 

平成23年度9月議会で平成22年度決算が審議され、決算に対する委員の意見が出された。「鎌倉おやじ」が決算委員会の各委員意見からの所感を述べ、議員及び会派の評価を行いました。

 

各委員の意見内容(鎌倉おやじの所感)

行革に資するもの、行革に逆行するもの、○行革・反行革どちらともいえないもの

●印は、的外れ。

 

各委員の印数(多数順)

行革に資するもの(16件)

                                               
 

順位

 
 

1

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

合計

 
 

議員名

 
 

飯野

 
 

三宅

 
 

赤松

 
 

渡辺

 
 

西岡

 
 

久坂

 
 

6名

 
 

意見数

 
 

11

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

16

 

行革に逆行するもの(14件)

                                         
 

順位

 
 

1

 
 

2

 
 

3

 
 

3

 
 

5

 
 

合計

 
 

議員名

 
 

小田嶋

 
 

三宅

 
 

久坂

 
 

西岡

 
 

太田

 
 

5

 
 

意見数

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

14

 

 

行革・反行革どちらともいえないもの(1件)

           
 

順位

 
 

1

 
 

議員名

 
 

久坂

 
 

意見数

 
 

 

 

的外れ(3件)

                             
 

順位

 
 

1

 
 

1

 
 

1

 
 

合計

 
 

議員名

 
 

太田

 
 

赤松

 
 

三宅

 
 

3

 
 

意見数

 
 

 
 

 
 

 
 

3

 

 

会派別の印数(合計34件)

行革に資するもの(16件)

                                               
 

順位

 
 

1

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

2

 
 

合計

 
 

会派名

 
 

民主

 
 

ネット

 
 

共産

 
 

みらい

 
 

公明

 
 

かがやく

 
 

6会派

 
 

意見数

 
 

11

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

16

 

 

行革に逆行するもの(14件)

                                         
 

順位

 
 

1位

 
 

2位

 
 

3位

 
 

3位

 
 

合計

 

 

 

会派名

 
 

共産

 
 

ネット

 
 

公明

 
 

かがやく

 
 

4会派

 
 

 
 

 
 

意見数

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

14件

 

 

行革・反行革どちらとも言えないもの(1件)

           
 

順位

 
 

1

 
 

会派名

 
 

かがやく

 
 

意見数

 
 

 

 

的外れ(3件)

                               
 

順位

 
 

1位

 
 

2位

 
 

合計

 
 

 
 

 
 

会派名

 
 

ネット

 
 

共産

 
 

2会派

 
 

 
 

意見数

 
 

 
 

 
 

3件

 
 

 

 

鎌倉おやじの所感

1.決算委員としての議員評価(意見多数順)

飯野市議は、民主党所属で1番意見数(11件)が多い。行革に資する意見だけであり、ダントツ1番です。当選1期目の中でトップ議員だと言えます。

小田島市議は、共産党所属当選5期目のベテランです。意見数(6件)は2番ですが、内容は反行革意見だけです。

三宅市議は、ネット所属当選1期目です。意見数は5件ですが、内容は1件、3件、●は1件で反行革意見が多い。

久坂市議は当選2期目です。1期目は民主系から当選したが、浅尾代議士がみんなの党に鞍替えしたため、民主党会派から、かがやく・会派に変わった浅尾代議士傘下の市議です。1期目に子供を出産し、産休を取った市議。連合・日産労組が支持団体で得票数が多く選挙2回とも上位当選していますが、日産労組票が無くなれば当選できないと恐れているのか、みんなの党を名乗っていません。2期目市議の中で最低ランクです。旦那が県議になり、お金持ちになったからか外車で議会に来ています。久坂市議の夫は、浅尾代議士の元秘書で、平成234月統一地方選でみんなの党公認・戸塚区選出県議となった。夫婦で議員報酬を稼いでいます。夫婦年収は3千万円以上といわれています。内容は、1件、2件、○は1件で反行革意見が多い

西岡市議は公明党所属当選1期目の市議です。発言する時の声が小さく、目立たない市議です。内容は、1件、2件で、反行革意見が多い

太田市議はネット所属当選1期目です。内容は、1件、●1件。反行革意見です

赤松市議は、共産党所属当選10期目の超ベテラン、全国でも珍しい共産党の前市議会議長です。長期に渉り建設常任委員会委員として活躍し、土地開発関係に詳しい。内容は、1件、●1件で中間派?

渡辺(昌)市議は、みらい所属当選1期目です。表向き発言は少ないですが、1期目の中で1番の利権派と噂されています。内容は、1件。行革派?

安川市議(鎌倉無所属の会)は意見なし。決算委員会は4日間に渉り行われているが仕事をしていない。当選1期目議員は普通なら真面目に活動するのだが....決算委員として失格。委員の中はもとより1期目議員の中で最低です。鎌倉無所属の会は、松尾市長派として活動していると言われているが情けない。安川市議の妻は、浅尾代議士のウグイス嬢を長くやり、平成234月統一地方選でみんなの党公認・横須賀選挙区から出馬し、県議に当選した。安川県議はみんなの党の落下傘候補で「みんなの党への風」で当選したと言われている。安川夫婦は、久坂夫婦同様3千万円以上の年収がある。

 

2.決算委員会から見た会派評価

  は+1点、は-1点、○は0点、●は-1点で評価

                                               
 

順位

 
 

1位

 
 

2位

 
 

3位

 
 

3位

 
 

5位

 
 

6位

 
 

7位

 
 

会派名

 
 

民主

 
 

みらい

 
 

公明

 
 

かがやく

 
 

ネット

 
 

共産

 
 

鎌無

 
 

評価

 
 

+11

 
 

+1

 
 

-1

 
 

-1

 
 

-5

 
 

-6

 
 

評価なし

 

 

 行革から見た評価は、ダントツのトップが民主党。中間は、みらい、公明、かがやく。下位ランクは、ネット、共産、最低ランクは鎌無。


神奈川4区近隣のみんなの党地方議員を見ていると、4月統一地方選におけるマスコミのリークに選挙民が踊らされている。選挙は恐ろしい、風が吹けば候補者なんて誰でも当選する。また、連合は国政では民主党を支持しているが、連合下部組織(日産労組)が鎌倉市議会ではみんなの党を支持している候補を支えている。

選挙民の意識が変わらなければ、政治は変わらない。

以上の評価は、鎌倉おやじの一方的な考えです。もうすぐ、鎌倉市市議会ホームページに決算委員会の様子が映像でアップされますので是非ともご覧になってご自身で判断してください。


鎌倉市議会HP:http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gikai/giin2009.html

 

(参考資料)

鎌倉市平成22年度決算に対する決算委員意見

 

一般会計

支出(歳出)

人件費他(総務費)

(1)防災力の強化について(小田嶋) 

(2)市職員の人件費について(飯野)

(3)未利用地の売却について(飯野)

(4)職員用被服費について(飯野)

(5)適正な職務執行の環境構築について(久坂)

(6)事業仕分けについて(飯野)

(7)職員数適正化計画について(小田嶋)

(8)市政アドバイザーについて(太田)

市民向け費用(民生費)

(1)子供の家の整備について(三宅)

(2)子育て相談の充実について(三宅)

(3)補助金のあり方について(飯野)

(4)小児医療助成事業について(久坂)

(5)小児医療助成事業について(小田嶋)

(6)新しい地域福祉のあり方について(西岡)

(7)地域福祉の充実について(三宅)

市民向け費用(衛生費)

(1)テイアラかまくらについて(飯野)

(2)産科診療所の運営について(小田嶋)

(3)環境と福祉の融合について(西岡)

(4)太陽光発電設備設置促進について(小田嶋)

(5)ごみ処理行政について(赤松)

(6)環境施設の整備について(三宅)

市民向け費用(労働費)

(1)レイ・ウエル鎌倉について(飯野)

商業向け費用(観光費)

(1)鎌倉市観光資源ネットワーク構築及び着地型観光商品開発事業について(渡辺)

公共事業(土木費)

(1)鎌倉市のファシリティーマネジメントの推進について(西岡)

(2)公共物全般のファシリティーマネジメントについて(久坂)

(3)小町通りの電線地中化について(三宅)

(4)小町通りの電線地中化について(赤松)

(5)鎌倉市の住宅政策について(久坂)

消防署運営費用(消防費)

(1)市職員の人件費について(飯野)

(2)消防団員の充実・拡充について(太田)

教育関係費用(教育費)

(1)市職員の人件費について(飯野)

市関連団体への支出金(諸支出金)

(1)土地開発公社について(飯野)

収入(歳入)

(1)財政の見通し行財政改革について(飯野)

 

特別会計

後期高齢者医療事業特別会計歳出決算

(1)後期高齢者医療事業制度について(小田嶋)

 

以上

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

無料ブログはココログ