« 鎌倉市議会最終日にまたも鎌倉市長陳謝 | トップページ | 4月13日鎌倉市議会にて小町通り問題の報告があります。 »

鎌倉市議の政治姿勢が明らかになる決議が出ました!

                                             平成24年3月23日
平成23年度2月議会最終日に、議員提案「議会議案第14号」が出された。
その内容は、「平成24年度鎌倉市一般会計予算の執行に関する付帯決議」が長嶋竜弘市議、岡田和則市議、三宅真理市議、石川寿美市議の共同提案でなされた。
その中味は、職員給与の体系的見直しに取り組み、官民格差の是正を図るとともに、平成24年度中に地域手当の削減を求めるものです。

採決の結果、反対多数で否決されました。

議員の賛否(賛成○、反対×)

 神奈川ネットワーク運動・鎌倉(4名)
  ○三宅真里
  ○石川敦子
  ○太田治代
  ○石川寿美

 日本共産党鎌倉市議会議員団(4名)
  ×吉岡和江
  ×高野洋一
  ×小田嶋敏浩
  ×赤松正博

 鎌倉みらい(4名)
  ×前川綾子
   伊東正博(議長のため採決不参加)
  ×渡邊昌一郎
  ×池田実(元鎌倉市職員)

 公明党鎌倉市議会議員団(3名)
  ×納所輝次
  ×西岡幸子
  ×大石和久

 鎌倉無所属の会(3名)
  ○髙橋浩司
  ○長嶋竜弘
  ○安川健人 (元鎌倉ケーブルTVキャスター,みんなの党・横須賀選出安川有里県議の夫)

 かがやく鎌倉を創る会(3名)
  ×中村聡一郎(みんなの党)
  ×久坂くにえ(浅尾慶一郎系、みんなの党・戸塚選出久坂誠治県議の妻)
  ×山田直人(元三菱電機鎌倉製作所労組委員長、連合系)

 民主党鎌倉市議会議員団(2名)
  ○岡田和則
  ○飯野眞毅

 無所属(4名)
  ○千一
  ×中澤克之(自民党)
  ○渡辺隆(みんなの党)
  ○松中健治

 賛成12票、反対14票の僅差により否決されました。
 かがやく鎌倉を創る会の会派や公明党の会派のどちらかが賛成すれば、この議案は
 可決していた。また、あと一人賛成していれば、議長採決で賛否が決まっていた。

 国政レベルから鎌倉市議会を見ると、みんなの党浅尾慶一郎衆議院議員傘下の市
 議も多い。
 
衆議院議員浅尾慶一郎HPでは、前回衆議員選での選挙運動写真が掲載され、運動
 員の青いシャツを着た久坂市議、中村聡一郎市議、安川県議が写っている。
 また、久坂夫婦と安川夫婦は二人とも政治家である。神奈川4区で見ると、長島一由
 衆議院議員
も妻が逗子市議をやっている。特異な選挙区といえる。

 みんなの党は公務員制度改革や公務員給与削減を党是としているはずなのに、どう
 なっているのでしょうか。中村聡一郎市議や久坂くにえ市議の反対は理解に苦しむ。
 浅尾衆議院議員の指導はどうなっているのか。

 

 

 

 

 

« 鎌倉市議会最終日にまたも鎌倉市長陳謝 | トップページ | 4月13日鎌倉市議会にて小町通り問題の報告があります。 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

みんなの党の経済政策は小泉構造改革路線の踏襲でこのような政党を
改革勢力と勘違いして投票すると大変なことに。

久坂くにえ、中澤克之(中沢かつゆき)の行動には理解に苦しみます。
本当に鎌倉市政、鎌倉の未来を考えてくれているのか。
守旧派と変わらない前回の初当選組にはうんざりです。

最下位だった中村聡一朗もこれでは次は・・・

また久坂くにえは選挙期間にも関わらず、自身の名前を挙げた旗を出して、
大船駅でフル朝立ちはやめるべきだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/44605600

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市議の政治姿勢が明らかになる決議が出ました!:

« 鎌倉市議会最終日にまたも鎌倉市長陳謝 | トップページ | 4月13日鎌倉市議会にて小町通り問題の報告があります。 »

無料ブログはココログ