« 鎌倉市議員定数削減の経緯 | トップページ | 松井秀喜プロ野球選手の引退 »

鎌倉市議員定数削減(平成21年4月選挙公報から)について

鎌倉市議会議員選挙・選挙公報(平成21年4月26日)から各市議の議員定数削減の公約を

拾い出しました。

議員定数削減を明記したが削減数を書いていない市議

飯野、伊東、岡田、中澤、松中市議の5名。

議員定数削減を明記し、削減数まで書いている市議

高橋市議は、8名削減(20名)

池田市議は、6名削減(22名)

平成24年12月議会での議員定数削減賛否との比較


○ 選挙公報と一致した行動の市議

  飯野、岡田市議の2名(鎌政会)
  

  

  高橋市議(鎌倉無所属の会)は、6月定例議会の8名減の陳情が否決されたので、4名

  減の提出者となっている。


 選挙公報と一致していない行動の市議

  4減議案と2減陳情に反対し、2減議案に賛成した市議

  伊東・池田(鎌倉みらい)、中澤・松中(無所属)の4名

  伊東、中澤、松中の3名は、削減数は明記していないが、2減の陳情反対はおかしい。

  池田市議は、選挙公報に議員定数を22名にすると明記しており、6名削減を公約して

  いる。4減議案に反対するのは公約違反です。

議員定数2議席減となりましたが、早稲田市議が県議選出馬で辞任しましたから

現在27名です。実質的には1名減にしかなりません。

 

 

« 鎌倉市議員定数削減の経緯 | トップページ | 松井秀喜プロ野球選手の引退 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/48529591

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市議員定数削減(平成21年4月選挙公報から)について:

« 鎌倉市議員定数削減の経緯 | トップページ | 松井秀喜プロ野球選手の引退 »

無料ブログはココログ