« 12月4日衆議院選挙がはじまる! | トップページ | 鎌倉市情報公開異議申し立てに対する答申 »

衆議院選挙に対する鎌倉選管の対応

鎌倉おやじは、今回の衆議院選挙で投票所が変更になるエリアに住んでいます。
町内会回覧でそのことを知りました。回覧には「第○○投票区にお住まいの方は次の場所に投票所を変更いたします。(裏面地図)」と書かれていました。
平成24年12月11日に、第○○投票区を確認しようと市のHPを調べたところ、投票区どころか、投票所が変更されていることや今回の衆議院選に関する記載が一切ありませんでした。

選挙公示は12月4日であり、期日前投票所は5か所あり、その内、2ヶ所は12月5日から、残りの3ヶ所は13日から期日前投票ができるのにHPに掲載されていません。

また、町内会回覧文に裏面に地図と書かれているにもかかわらず、裏面には地図が記載されていませんでした。選管に問い合わせところ、選管係官が「町内会役員が地図は不必要と言ったので印刷していません」と発言。
「では、文言の裏面地図はなぜ削除しないのか。そもそも一町内会役員が発言すれば回覧文書を変更するなんておかしい。回覧文は統一して回覧するのが選管の立場ではないのか。場所がわからない人がいるのではないか」と言ったところ返答がありません。

鎌倉おやじが、衆議院選挙の案内を12月11日にHPに掲載してくださいと言い、12月13日に市のHPに選挙内容の案内が掲載されました。

今回の衆議院選投票率が、マスコミ調査結果によれば10%ぐらい前回衆議院選挙より低くなると報じているにもかかわらず鎌倉市選管の対応は遅すぎる。

そもそも、選挙公示日には、選挙内容をHPに掲載するのが常識ではないでしょうか。

選管係官が、衆議院選内容チラシを全戸配布したとのことですが、私のように見過ごす人もいます。立候補者名や選挙公報を除く全ての選挙内容は、公示日には市のHPなどに掲載するのが選管の責務ではないでしょうか。

« 12月4日衆議院選挙がはじまる! | トップページ | 鎌倉市情報公開異議申し立てに対する答申 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/48313415

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙に対する鎌倉選管の対応:

« 12月4日衆議院選挙がはじまる! | トップページ | 鎌倉市情報公開異議申し立てに対する答申 »

無料ブログはココログ