« 自動車税廃止論議から「二重課税」「道路特定財源」について | トップページ | 退職金引き下げで逃げ出した教員ども »

海外プラント技術者と原発技術者との違い

日揮関係者のアルジェリア内紛による死亡事件報道を聞き、日本の原発技術者との違い

をまざまざと感じた。

世界の開発プラントに携わる技術者は、政治体制に不安のある低開発国のため、日本の

ため、資源開発のために、誇りを持って仕事をしてきた人たちだ。

それに引き替え、原発に係わる技術者(国・原子力に携わる学者・電力会社・施工者など)

の対応は、信頼に値するか。

同じ技術者でありながら、なぜこれほどまでに違いが生じてしまったのか。

日本の政治の「緩さ」が、原子力ムラに係わる技術者を含む人たちをダメにしたのでしょう。


日本の技術者の皆様へ

誇りを持って仕事をしてください。お願いいたします。

最後に、心から亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

« 自動車税廃止論議から「二重課税」「道路特定財源」について | トップページ | 退職金引き下げで逃げ出した教員ども »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/48967368

この記事へのトラックバック一覧です: 海外プラント技術者と原発技術者との違い:

« 自動車税廃止論議から「二重課税」「道路特定財源」について | トップページ | 退職金引き下げで逃げ出した教員ども »

無料ブログはココログ