« 大船観音前マンション問題が動き出した。 | トップページ | 東電連結会社・日本原子力発電が最高益! »

大阪市立桜ノ宮高校生徒自殺事件から見えて来るもの

連日、桜ノ宮高校生徒自殺事件が報道されているが、報道されていることが事実であるなら

「いじめ」ではなく、先生による「犯罪」である。

市教育委員会や校長の記者会見における発言などを見ていると、教師の立場から自らの保

身のための発言に終始していると思えてならない。

教育界の人々に問いたい!

1.教育は、等しく子供たちに教育を受けさせるために国民の税金で行っている。
 

  教育は、誰のために行っているのか? 

  教育界の都合により行ってはいない! 

2.教育界が、暴力を振う、不祥事を隠す、嘘をつくなど、子供に「モラル」を教える人の「モ

  ラル」低下がはなはだしい。こんなことで、子供に教える資格があるのですか。

3.いったい教育の主役は、誰なのかと言いたい。

  子供や保護者は、子供の学校在学中「子供を人質に取られている」のと一緒である。
 

  在学中の子供を守れない教師は、教師ではない。 

  子供が主役であることを、教師がわき役でサポートする立場であることを忘れている。

  

  もう一度、教育に携わる人に言う。

  子供の教育は、家庭とともに学校が重要な役割を果たしていることを忘れないでほし

  い。

 

  鎌倉市においても教育委員会メンバー5名のうち2名が、昨年10月より欠員となっておりま

  す。さらに今年3月にはもう1名が任期切れになる。松尾市長は、2月議会に議案提案する

  と言っているが、何か月も放置していることは、教育の重要性を理解していないと言える。

 

« 大船観音前マンション問題が動き出した。 | トップページ | 東電連結会社・日本原子力発電が最高益! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/48697161

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市立桜ノ宮高校生徒自殺事件から見えて来るもの:

« 大船観音前マンション問題が動き出した。 | トップページ | 東電連結会社・日本原子力発電が最高益! »

無料ブログはココログ