« 元マレーシア首相から見た日本 | トップページ | 鎌倉でも市民マニュフェストを作ろう! »

鎌倉おやじが分析した鎌倉市政

そもそも大船観音前マンション開発問題が起きたのは、足かけ8年前です。
この事件が「鎌倉おやじ」が鎌倉市政をウオッチするきっかけになり、以後市政を見続けています。本年4月21日に市議会議員選挙の投票日。10月31日には市長任期満了となり選挙が目白押しなので市政について書きます。

   鎌倉おやじが分析した鎌倉市政

1.今まで財政豊かで国の支援を受けたことが無い(地方交付金不交付団体)
  
   
  松尾市長は、平成25年度から地方交付金交付団体に陥る見込みと発表。

2.戦後長らく革新市政が続き、改革が進んでいない。
  

  学校給食員に3千万円からの退職金を支払っていた。退職金は是正されたが、現在、
  ゴミ収集員の現業職員に年収1千万円の人がいるなど、現在まで職員が、高給を取り
  続けている一因と考えます。

3.市議会共産党が4名(最大会派)。影の与党と言え、議案決定を左右している。
  

  共産党は、市長や議長など過去に多くの市長・議長を出している。政党支持率から言
  えば、1~2名居ればと思う。市議会共産党会派の最大支持団体は、鎌倉市職員労働
  組合(市職労)です。労働組合は、大きく「連合・民主党系」と「労連・共産党系」があり、
  市職労は、労連系の自治労連に加盟している神奈川県下で数少ない労組。
  湘南地区の市職労、藤沢、茅ケ崎、逗子などでは、連合系の自治労に加盟している。

4.人件費比率が高い。26.51%(H23年度全国2位・全国都市財政年報)

 人件費比率には、市が直接雇用している職員及び有期雇用者(アルバイトなど)が含ま
    れているが、扶助費の委託費に含まれている人件費やその他事業委託に含まれてい
  る人件費は含まれていない。さらに、各種外郭団体などに交付されている補助金など
  にも人件費が入っているが人件費比率には含まれていない。 
  上記の人件費などを含めれば、人件費比率は30%以上になると思われる。

5.鎌倉市経常的事業以外の最大事業は、土地購入?

 鎌倉市は戦後多くの宅地開発業者(西武、三菱、野村など)が開発を行い。開発許可を
  巡り争ってきたが、結果的には、「緑を守る」という大義名分の基に山林を何百億円も
  使い購入してきました。
いまだに、本来開発できないような土地に開発許可を出し、住
  民の反対にあい、土地を高値で購入している。北鎌倉地区の山林(テニスコート計画、
  洞門山)購入では、地域住民が自ら住環境を守るために土地購入代金の一部として
  何千万円も市に寄付している。開発条例を改正していないのが、大きな原因の一つ。

  さらに、開発許可ミス(大船観音前マンション、極楽寺4丁目など)も多発しており開発
  業者への損害賠償の破目に陥っている。鎌倉市は、不動産業者にとって高値で土地を
  購入してくれるおいしい取引先になってしまっている。
  他市に類のないまちづくり景観部などの開発許可セクションを設け、多数の人員を配置
  しているのも人件費比率が高い理由の一つ。それらが許可ミスを連発しており、ミスの
  尻拭いで忙しく残業時間が多くなっている。開発セクションでは、悪循環が発生してい
  る。人が多くいるからミスが出るのではないかと思うぐらいで、いっそのこと人がいなけ
  れば、ミスは出ない?

6.扶助費などの市民サービスが少ない。

  財政が豊かなのに扶助費の支出が少ない原因は、人件費と土地購入費に多額の税金
  が使われているからだ。
  このブログ平成24年5月10日付「神奈川4区自治体財務分析(決算カード)」で詳しく掲
  載 しています。是非ともクリックして読んでください。  

7.可哀そうな鎌倉市民の事例

 ①消防署の隣に住んで焼死した市民
  
     鎌倉市内に消防署は、鎌倉と大船の2か所に本署があり、鎌倉分署として、腰越、深
   沢、浄明寺、七里ヶ浜の4つ。大船の分署として、台、玉縄、今泉の3つがあります。
   本署と分署を合わせて9か所の消防署があります。
  

  退職した兵藤副市長が、総務部長の時代に玉縄分署の隣の家屋が火災になり、住ん
  でいた独居の高齢者が焼死しました。兵藤部長に「なぜ、消防署の隣の家屋で焼死者
  が出たのか。」と聞いたところ、部長は「火災発生時に玉縄分署消防職員が消防訓練
  で出払っていた。大船消防署から消防活動を行ったが、火の回りが早く救出できなかっ
  た。」との答弁でした。狭い市域に9ヵ所も消防署を作りながら消防署の隣の市民を救
  えない体制はおかしい。
  


  焼死した市民は、生前の遺言で自宅の土地建物と現預金などを含む全財産を鎌倉
  市に寄付するとの遺言書を作成していました。遺言書に基づき、1億円以上が弁護士
  から市に寄付されました。寄付をした市民が記事となりましたが、消防署の隣に住ん
  でいて焼死したことは報じられていません。唯一、岡田市議が、議会の一般質問で取
  り上げました。

 ②平成20年度答申第7号(鎌倉市情報公開・個人情報保護審査会)の異議申立人。
   
  答申書(2)異議申立ての理由の中で、審査会は、「老朽化して災害の発生する恐れ
  がある擁壁」であると、鎌倉市が認定し、勧告書を出しておきながら、25年間何の処
  置も執らず看過し、異議申立人の生命と財産の安全を犯し、大雨、台風、地震の度に
  崩落の恐怖を抱かせ、さらに建物の建築の自由を拘束した状態に置き、挙句の果て
  に、勧告書が無いとは言語道断である。いかに鎌倉市の行政が市民のために働いて
  いないかを示している。」
と断じている。  

8.文書管理が出来ていない。

  上記平成20年度答申第7号 5.審査会の要望に「行政文書の紛失、保存期間に基
  づかない不適切な廃棄など、情報公開制度の根幹を揺るがすような行政文書の取り
  扱いはあってはならない。」
と書かれている。
  文書管理は、いまだに不祥事が発生するたびに重要な文書がないとの問題が、続いて
  いる。その結果、原因解明がウヤムヤになっているのが現状である。

9.行政に対し市民が関心を持たない。

   鎌倉市は、ムラ社会で、地元の顔役が跋扈する古い体質の田舎。知識人や文化人が
  住んでいる先進都市というイメージが喧伝されているが、行政の実態は全く反対です。
  
  過去の市長や議員の多くが、旧鎌倉地区などの商工業出身者で占めている。
  

  鎌倉市民の多くを占めている開発地などに新たに移り住んだ市民が、市政に関心を
  持っていない。だから議会のチェックもなく、市長などもいい加減な行政執行になり、
  市民が不利益を被っている。

10.チェック機能がない。

  議会の各会派の行動を見ていると、野党と言える会派がなく、ほとんどALL与党と言
  える。世界遺産登録に向けて「ガイダンス施設」として民間施設を購入するなど、当初
  計画を反古にして多額の費用を使う議案が、可決されている。

  大船観音前マンション開発では、市が、県建築審査会で2回否決され、業者が、裁判
  で高裁まで県と争い負けました。法的決着がついたにもかかわらず、行政は、責任を
  取らないでいる。挙句の果て、市は、その土地を長期に賃借し、購入すると同じ効果
  をもたらし、業者と手を打とうとしている。

  
  
  市長と議員は選挙で選ばれたエリートであり、市民を代表して公務を行う人です。
  「位高ければ、徳高きを要す」と言われるように、政治家たる者は、「権力、社会的地
  位」には責任が伴うことを肝に銘じて行動願いたい。

  鎌倉は、武士による幕府が出来た町です。

  市長・議員の皆様へ

  和服や甲冑で「姿かたちを整える」のもよいですが、鎌倉武士道の「こころ」を発揮し
  てもらいたい。 

 

  結論

  行政組織の中で根幹をなす重要セクションが機能していない。

  総務部(人・税)、経営企画部(企画・計画)、まちづくり(許認可・整備)などが問題。
  

  これらを変えるには、選挙により、市長及び議員を変えるしかない。

 

  
  
  

 
  

« 元マレーシア首相から見た日本 | トップページ | 鎌倉でも市民マニュフェストを作ろう! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

松尾市長はいよいよ与党を増やそうとしているのか?

http://blog.goo.ne.jp/katayorikubicho 記事から引用しました

鎌倉市長の松尾たかし氏が自分のFacebook上にて永田まりなという女性を紹介している

Facebookページによれば自称ジャーナリストの永田まりなだが、
イマイチ何をするかは書かれていない

永田まりなこと永田磨梨奈のamebloではフリーアナウンサーと肩書きだけは沢山

鎌倉市長がわざわざ好意的に紹介する女史はどんな人物かを調べたところ、神奈川県選挙管理委員会の発表によれば、
2012年12月になんと、政治団体を設立しているではないか!!!

その名も永田まりなを応援する会
代表者は永田まりな。会計責任は永田香代野

鎌倉市では今年4月に鎌倉市議会議員選挙がある。このタイミングで鎌倉を代表する立場の鎌倉市長がわざわざ政治団体代表者の名前を掲げて紹介する。。教育長も選べていない異常な状態の中。わざわざ平日に?疑問符がいっぱい。

鋭い分析、敬服します。
野心家の多いでたらめ人間は結局は鎌倉市の市民全体のことを考えていない
人間だと思います。
つまらんことに対案もなしにがたがた言うな。
ひどい世の中になったもんだ。
ましともなやつはいないのか。
もっとまじめにやれと言いたい。

永田まりなはかわいいけどな

議員というより広報担当とかが適任かな

永田まりなは、見た目もかわいいし話もうまいから、広報担当あたりがはまり役だろう
観光のためにメディア担当させればいい。議員としては期待しなくていい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/48815816

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉おやじが分析した鎌倉市政:

« 元マレーシア首相から見た日本 | トップページ | 鎌倉でも市民マニュフェストを作ろう! »

無料ブログはココログ