« アメリカが信用格付け機関を提訴する!! | トップページ | テロリズムと人命尊重(産経・外信部次長渡辺浩生) »

大船観音前マンション問題で職員処分を明言

平成25年2月6日松尾市長記者会見で、市の違法な開発許可で造成途中のままたなざらしになっている、大船観音前マンション問題で、市職員の処分を明言したことが、「東京新聞・朝日新聞記事に出ています。

この問題は、神奈川県建築審査会が許可取り消し処分をおこなったことに対して、開発事業者が、県を訴え、東京高裁において、事業者が敗訴し、法的には決着している。ゆえに、鎌倉市の許可が間違っていたことが、決定しています。

ところが、この用地を市が、事業者の要望を受け、用地を公園に活用するために借り受ける話が出てきている。そのため、事業者との話し合いが決着すれば、職員の処分を含め、同時にこの問題にけじめをつけると発言。

 
  
  疑問点

 1.用地交渉と市職員処分は、別の問題である。松尾市長が、市職員処分を先延ばす理

   由が見当たらない。

 2.市民がこの土地を公園にしてほしいと言っていない。要望しているのは、開発行為に

   よ
り破壊された 土地の原状回復及び市道回復です。

 3.地方交付金不交付団体から交付団体に陥ると言いながら、市税を使い公園を作ろうと

   
している。


  松尾市長は、緊張感を持ち、先延ばしをせず行政を行ってください。

  教育委員会教育委員人事も、全国的な「いじめ」が頻発しているのに、先延ばしになっ

  ています。「決められない政治」は国だけで勘弁してください。

 

« アメリカが信用格付け機関を提訴する!! | トップページ | テロリズムと人命尊重(産経・外信部次長渡辺浩生) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/49239428

この記事へのトラックバック一覧です: 大船観音前マンション問題で職員処分を明言:

« アメリカが信用格付け機関を提訴する!! | トップページ | テロリズムと人命尊重(産経・外信部次長渡辺浩生) »

無料ブログはココログ