« 大船駅北口再開発事業の説明会 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限が3月に迫っている。 »

三菱グループに危機感は?

「三菱電機の経営姿勢?」の記事を書きましたが、平成25年2月9日付週刊誌に「三菱自 ホ

ンダへの身売り説
」という記事が出ています。

三菱自は、再三にわたるリコール隠しが、このような記事になっている。

三菱グループ(三菱重工・三菱商事・三菱UFJ銀行)が、総額5千億円を優先株にて支援し、

毎年200億円の配当義務があるが、支払える状態ではない。そうなると支援した会社の株主

も黙っていないことから憶測されている。身売り説は、ホンダだけでなくプジョーや日産説もあ

るらしい。

三菱グループは、ほとんどが官需に頼っており、民需の会社が少ない。末端ユーザーへの対

応が疎かになる原因ではないか。

三菱電機が、不正請求について、説明責任などきっちりと対応しないと、三菱自と同じ憂き目

に会うことになりはしないかと危惧しています。

鎌倉市民に、三菱電気関係者がたくさん居られるだけに、経営者には、きっちりした対応を

求めるものです。

« 大船駅北口再開発事業の説明会 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限が3月に迫っている。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/49306247

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱グループに危機感は?:

« 大船駅北口再開発事業の説明会 | トップページ | 中小企業金融円滑化法期限が3月に迫っている。 »

無料ブログはココログ