« 教育委員会委員選任騒動について | トップページ | 平成24年度2月議会「文書管理の徹底についての陳情」 »

教育長は、リリーフとして熊代前教育長にお願いするしかない?

  教育長は、鎌倉市三役(市長・副市長・教育長)の一人で、唯一政治色がない役職と考え  

  ていましたが、国会議員が絡んだお友達のような話が表に出てきて、人事案が政争の具

  となり、挙句の果てに、代田候補者の問題発言まで絡んだ鎌倉田舎芝居の第一幕が、教

  育長議案の取り下げにより昨日終わりました。

  

  疑問点

  1.松尾市長は、今回の代田候補以前にも2名ほど議会に打診したとのこと。教育長人事
    

    の重要性を認識していないのでは?

  2.市には、色んな委員会や審議会があるが、単にその一つとの考えであったのでは?

    
    ここは、松尾市長が、礼を尽くして「前教育長・熊代氏」に再登板をお願いするしかな

    いと考えます。

« 教育委員会委員選任騒動について | トップページ | 平成24年度2月議会「文書管理の徹底についての陳情」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/50651246

この記事へのトラックバック一覧です: 教育長は、リリーフとして熊代前教育長にお願いするしかない?:

« 教育委員会委員選任騒動について | トップページ | 平成24年度2月議会「文書管理の徹底についての陳情」 »

無料ブログはココログ