« 鎌倉市議選結果について | トップページ | 鎌倉の世界遺産登録が「不登録」になったことについて »

葉山インサイダー「鎌倉市民は何を見ているのか...。」

  平成25年4月26日ブログ・葉山インサイダーに「鎌倉市民は何を見ているのか。もう民主

  の名前は使えない」という記事が出ています。  鎌倉おやじも同感です。

   
  地方政治は、国政レベルの政党の争いではない。市区町村は、地域に密着した身近な問

  題を効率よく処理する最後の砦です。市民サービスのほとんどは、市が行うわけですから

  それをチェックし、提言する重要な役割が、市議会に求められています。

 

  マスコミによる情報は、国政ほど発信されていませんが、情報を取る方法として市議のブ

  ログを見るのが一番です。ポスター状態の者や、私日記のような者もあり、ごまかすこと

  が出来ません。

 今回、鎌倉市議選の戦後最低投票率44.99%からすれば、組織票が当落に影響したと

  言ってよい。

  こんな言い方はしたくはないですが、損をするのは、投票しなかったサラリーマンです。

    今年は、7月に参議院選があり、10月には、鎌倉市長選があります。

     市民が投票することにより、鎌倉市政が良くなると信じています。

 

 

« 鎌倉市議選結果について | トップページ | 鎌倉の世界遺産登録が「不登録」になったことについて »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/51381161

この記事へのトラックバック一覧です: 葉山インサイダー「鎌倉市民は何を見ているのか...。」:

« 鎌倉市議選結果について | トップページ | 鎌倉の世界遺産登録が「不登録」になったことについて »

無料ブログはココログ