« 中坊公平さん死去 | トップページ | 日本企業とは? »

シャープが苦しんでいる!

高画質の液晶を作る能力があるシャープが、ワールドワイドに見るとテレビやスマホの商品で負けているという。何もシャープだけではなく、パナソニックも同様です。

シャープは、アップルやサムスンの下請け部品メーカーとなってしまった。
さらに、競合メーカーのアップルやサムスンから資本導入をするまで落ち込んでいるという。

世界のトップを走っていた日本の家電メーカーがあっという間に競争に負けた。世界の動きを察知しないと瞬く間に企業そのものの存在が怪しくなると言う典型です。

チャレンジしない・変われない企業は、落ちこぼれる。世界に向かって商品を販売する企業の変化が激しい。経営者の判断が、いかに重要かが明らかになった。

« 中坊公平さん死去 | トップページ | 日本企業とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/51624090

この記事へのトラックバック一覧です: シャープが苦しんでいる!:

« 中坊公平さん死去 | トップページ | 日本企業とは? »

無料ブログはココログ