« シャープが苦しんでいる! | トップページ | 残業について »

日本企業とは?

世界中で活動している大企業は、本社が日本にあっても日本企業というのだろうか。

アップルが、米国本社にお金を持ち込むと税金が掛るので、大量の社債を米国で発行したと言う記事が出ていました。いくら利益を出しても米国に税金を払いたくないのが理由です。このような企業は、低金利時代が続けば今後も出てくるだろう。果たして、アップルは、米国企業と言えるのか。企業もマネーと同じく利益があるところに動く金融と同じ?

日本は、アベノミックスでお札を刷り、従来の倍の量をばらまいています。日本国内だけでなく世界中に「円」が動き回ります。日本企業の国内活動収益は、日本で税金を支払いますが、外国で得た収益の税金は日本で支払われなくなる可能性がある。

日本は、景気を良くするため、日本企業への支援策を大きくしていますが、大手自動車企業は、車を日本で作っているのは半分もありません。果たしてこれら企業は、日本企業と言えるのか。日本企業の定義は、企業収益に対する税金を日本国に支払うから日本企業と言えるのではないか。

従来、日本では、資本が外国資本であるなら、日本に本社があっても外国企業と呼んでいる。特に、外国大企業のグループ子会社のケースが多い。

資本が、どこの国の資本かでは企業を括れなくなっている。どこで税金を払っているかです。

« シャープが苦しんでいる! | トップページ | 残業について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/51624581

この記事へのトラックバック一覧です: 日本企業とは?:

« シャープが苦しんでいる! | トップページ | 残業について »

無料ブログはココログ