« 国政における選挙制度改革 | トップページ | 参議院選挙について(1) »

選挙投票数・投票率と民意

平成25年6月27日朝日新聞コラム「経済気象台」に「政治家と民意」という記事が出ている。この意見に同感。

民主主義の基本は、過半数です。

しかしながら、最近の衆議院選・都議選・その他地方選における投票率は軒並み約10%落ちています。ほとんどが過半数を割っており、その中で過半数の得票を得たとしても、それは民意を得たことにはならないと考えます。

衆議院選における自民党の得票数は、増えていない。自民党が勝ったわけでなく、民主党が自滅しただけである。

政治家はなぜ投票率が落ちたのかを真剣に考え、少なくとも投票率が過半数以上になるように対策を取るべきです。

政治が信頼されなくては、得票率は上がらない。争点が明確でなく、言っていることと実行することが違えば、「どこに入れても同じだから投票しない」、「投票するところがない」というのが投票率が悪い原因だと考えます。

政治家は、自らを選出する選挙制度をまともに作れない現状が長年続いています。1票の格差を是正できない人たちに憲法改正論議を言う資格があるのかと問いたい。

1票の格差があることそのものが、憲法の精神から違反している!

しかしながら、自民党は、今回の参議院選で憲法問題を争点としないでウヤムヤのままで戦おうとしています。仮に自公で三分の二を取ることがあれば、憲法改正を進めるのは必至だと考えます。

参議院選で自公に過半数を与えても、三分の二を与えると大変なんことが起きると危惧しています。

それだけに、皆様にはきらめずに民意を反映するために投票していただきたい。

参議院選の大切なところは、経済やお金だけではないと考えます。

« 国政における選挙制度改革 | トップページ | 参議院選挙について(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

時々見ています。同感する内容が多いです。
「現在無職生活3年目に入りました。
細々と年金生活をしています。

民主党政権の「コンクリートから人へ」の象徴だった八ッ場ダムは完全中止にしなかったがゆえに
自民政権で完全復活、自衛隊に命じてシンボルになっていたダム湖を横断する橋を破壊すれば
よかったのに…

もう政党に騙されるのはうんざり、欧米の植民地になる危機はとうの昔に去ったのだから
徳川将軍家による政治が復活でもしないと国債発行残高で「国破れて山河在り」になってしまうと
強く懸念していますが衆参ねじれが解消されようものなら「国土強靭化200兆円」という
合法?新手?の国の膨大な借金を無視した愚策が強行されるのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/52197997

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙投票数・投票率と民意:

« 国政における選挙制度改革 | トップページ | 参議院選挙について(1) »

無料ブログはココログ