« 小平市の住民投票 | トップページ | 消費税転嫁法は憲法違反では? »

鎌倉市の「広報誌」について

久しぶりに里帰りして兵庫県宝塚市の「広報誌」を拝見しました。「広報 たからづか 6月号」、A3版を二つ折りしたA4版全36ページで、その中に宝塚市議会報 臨時号が1枚折り込みされていました。

宝塚市は、六甲山系の東山麓下にあり、丹波から流れている武庫川の西岸にあり、鎌倉同様緑豊かな町で大阪や神戸の都心に1時間以内で通勤できる。観光は、宝塚歌劇団が有名です。

宝塚市概要(H25.5.1現在)
人口:228,224人(対前月+173人)。世帯数:93,703。面積:101.89K㎡。
平成25年度予算案総額1459億円
(一般会計:717億円。特別会計:466億円。企業会計:276億円)

鎌倉市概要(H25.5.1現在)
人口:173、711人(対前月+51人)。世帯数:73,327。面積:39.53K㎡。平成25年度平成25年度予算案総額1023億円
(一般会計:580億円。特別会計:442億円。)

鎌倉対宝塚の比較
鎌倉人口:76%。鎌倉世帯数:78%。鎌倉面積:38%。
鎌倉予算総額:70%(一般会計:80%。特別会計他:59%)

宝塚市企業会計には、市民病院・水道事業があるのが特徴。これを除くと1183億円であり、鎌倉予算比は、86%となります。
人口比で考えると、鎌倉市はぜいたくな予算の使い方をしていると推測されます。
宝塚は、市民サービスセンター(支所)が7か所。鎌倉は、6か所。面積比でみると鎌倉がまだ多い。

鎌倉市広報と議会だよりを一緒に配ればよい。(経費削減)

宝塚と比べると、広報誌の情報量が、段違いに少ない。議会だよりには、議会開催の予定が

記載されているが、鎌倉議会の予定は、数日前にホームページにアップされるだけで、傍聴

に来いと言っても予定が立たない。

宝塚市の政治は、前市長二人が連続して汚職で辞任し、現市長が新たに務めている。

どこの地方政治も似たものなのか?

« 小平市の住民投票 | トップページ | 消費税転嫁法は憲法違反では? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/51890197

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市の「広報誌」について:

« 小平市の住民投票 | トップページ | 消費税転嫁法は憲法違反では? »

無料ブログはココログ