« 今年の夏の電力需給 | トップページ | 鎌倉市基金運用の異常と歳入未回収 »

JR北海道のレール異常放置について

JR北海道は、非上場JR各社の一つです。

JR北海道のレール異常の件数が、9件→97件→267件と連日報じられています。
安全が無視され、鉄道事業者としてあり得ない事態です。

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(略称:JRTT)は、JR海道JRJR及びJR貨物の100%株主である。

JRTTが保有するJR各社の財務を見てみると

        (H24年度鉄道営業収益)
JR北海道     43.2%赤字  
JR四国       37.2%赤字   
JR九州        7.3%赤字      ただし、全事業では0.8%黒字
JR貨物        6.0%赤字      ただし、全事業では2.5%黒字

JR貨物を除く上記各社は、何千億もの経営安定化基金を国から贈与され所有。さらに、JRTTから特別債券収益と言う支援を受け、それら収益で赤字を免れている。


国交省及びJRTTは、支援をしているからJR北海道・四国・九州の各社を管理監督する責

任がある。

JR北海道の経営陣の責任は当然であるが、国交省及びJRTTの責任は重い。

彼らは、JR北海道の経営を見ていなかったと言わざるを得ない。

国交省は、交通と言うインフラ事業を担っている。JALも元はと言えば官営企業であり、破

綻した。

国交省の公務員の仕事ぶりには、疑問符が付かざるを得ない。

しっかりしてほしい。

« 今年の夏の電力需給 | トップページ | 鎌倉市基金運用の異常と歳入未回収 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

JR各社は発足直後、国が株式を全て保有していたために国鉄時代と変わらぬ政治圧力を
受けていました。
山陽新幹線新尾道駅は亀井静香、最近では九州新幹線筑後船小屋駅は古賀誠の圧力で
造られされました。
急行列車と特急列車は同数だったのに今では片手で数えるほどに、地元政治家の威光を
有権者に知らしめるために急行で料金と所要時間が十分の列車が特急列車として運転され
JRやJRTTを責めるのは酷な話でこれらを食い物にしている政治家が糾弾されるべきです。

リニアとマスコミの怖さ
リニアの怖いのは、東海、東南海、南海地震でかなりの被害が予想されてることになりそうだ。
また、関東、名古屋では地下50m以下のところで地盤ゆるゆるしてるんだろうなあ。液状化すると脱出のイメージってこわいなあとおもってしまう。大都市では人口密度もすごい。
品川、名古屋駅ではいつもすごい人をみかけてしまう。
地震でエレベータも停電になる。
きっと、リニアの地下も真っ暗闇になってしまうんだろう
、暗い地下のなか、どこに脱出路があるんだろうか迷ってしまう。
階段もながくて人ごみざわざわの中、恐怖がすごい。これは想像するだけで私は怖くなってしまった。
阪神大震災でさんざん液状化したのをみると、やはり平野で液状化ってこわいなあ。地下でおきてどうするんだろう?活断層のニュースも最近私は怖いなあと思っている。地下は井戸を掘ってすぐ水がでてしまうのに、液状化だいじょうぶだろうか?
どこでうもれてしまうのか
リニアは何十兆もするのに、地下部のお金のかかりかたはすごい。
さらに液状化するのに、復興費はどれくらいかかるんだろうか?きっと、すごいお金になるんだろう。
都市の地価の高さをみると復興費大丈夫なんだろうか。トンネルの事故もよくニュースで耳にするのに、マスコミはこの議論をしないのはひどい。
JRの安全性を信じて鉄道を乗った私が馬鹿だったのかなあ
原発のニュースをみると、世間迎合にみえてしまう。
マスコミが重要なニュースを流さないで、日本はどうなるんだろうか、不安に見えてしまう。
マスコミはリニア推進のニュースばかり流していて、マスコミがいかにリニアを推進したいかがよくわかる。
ガス器具やテレビ、ゲーム機、自動車、他の消費財も安全性が懸念されるとすぐ回収されるのに、以下にJR東海、マスコミが非常識か
もし、医者にある高額医療器具に問題があると大問題になるのに、怖いなあ
安全性よりも、利権や経済を優先させてるように見える。
マスコミの客観性って何?
そういえば水俣病は最高裁までいっても、企業は加害責任を認めないように、企業の利権のこだわりがみえてしまう。裁判で有名になってマスコミにでれるようになっただけよかったとも見えてしまう。
公平性とかいっといて自分たちの都合の悪いのはなかなかニュースにならないんだろう。
これからの高齢化社会でマスコミがどんどん怖く見えてきってしまった。
インターネットのほうが正確な情報がみつかるようにみえる。
前回のオリンピック時は東京、大阪間の新幹線を5000億で走った。
リニアのお金があるのなら、全国にさんざん鉄道、新幹線が走れそう。
列車の数もかなりおおくなり、線路面積も多い分、人がたくさんのれるようになり、社会に役立ち、経済効果もすごそう。
鉄道に相互乗り入れの相乗効果でさらにたくさん鉄道に人が乗れそう。
新駅効果で地価があがるニュースが都市部ではさわがれているように、鉄道が走れば、鉄道だけでなく、たの経済効果も駅がたくさんできるぶん高そうに見える。

これからの高齢化社会で自動車に乗るのがきつくなるなか、私も鉄道であちこちのんびり旅してしまいたいなあと思いで書いてしまった。鉄道、近くに走ってくれないかなあ?鉄道は環境にもいいし、のんびり景色を楽しめそう。
孫も、鉄道で図書館に便利にいきそう。駅そばは人が集まり便利でいいなあと思ってしまう。

リニアがもし走ってしまうと余生悲しくなってしまう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/53392257

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道のレール異常放置について:

« 今年の夏の電力需給 | トップページ | 鎌倉市基金運用の異常と歳入未回収 »

無料ブログはココログ