« 原発に関する東電と政府の対応(1) | トップページ | 鎌倉市長選が始まった。 »

鎌倉市議会大石副議長の交通事故(総務常任委員会協議会)

10月18日開催された総務常任委員会協議会で、大石副議長の交通事故が報告された。

その内容は、報告事項「9月17日フラワーセンター付近で発生したパッカー車事故について」を「事故報告書」を基に報告がありました。

質疑は、岡田市議のみが行い。その内容の要旨は、以下の通りです。

事故発生時に運転手が、警察と救急車を手配。助手席に乗っていた職員は、事故により窓ガラスに頭をぶつけ、ガラスが割れている。湘南鎌倉病院に救急搬送され治療を受けた。事故車両は、市のパッカー車(ゴミ取集)と大石副議長の自家用車とも大破しレッカー車により牽引。

職員診断書:頭部打撲、頸椎捻挫。職員休暇日数は今まで約10日間で9月28日以降は、就業後に治療に通っている。治療は、今後約2か月ぐらいかかる見込み。職員の治療費は今後の治療によるのでわからない。パッカー車の修理費用は、約200万円掛る。事故責任比率は、100%大石副議長が悪いと保険会社が判断している。

岡田市議
Q この事故は、業務上過失傷害罪に当たるのでは?
A 警察の判断なのでわからない。

平成25年10月18日産経新聞「本会議中の居眠り疑惑 公明幹事長が激白、陳謝」が出ており、居眠り疑惑で謝っている。幹事長は、法を犯していないが、大石副議長は、法を犯している。大石副議長は、人身の交通事故を起こしながら、なぜ副議長に固執するのだろうか。対応の違いを感じます。

総務常任委員会メンバーが、岡田委員以外誰も質問しなかった。議員が選出した副議長のことなのに確認することがないのだろうか。議員に副議長を選出した責任は?

鎌倉市政を「お子ちゃま市長とお子ちゃま議長と」と揶揄したが、このままでは「お子ちゃま議員」も入れることになる。

議員の皆様!

これは議員の見識が問われる問題です。

大石副議長が、最近、鎌倉市役所駐車場内で駐車中の車と物損事故を起こしたと言う「噂」を聞いている。「噂」が事実なら車の運転はやめた方がいい。

« 原発に関する東電と政府の対応(1) | トップページ | 鎌倉市長選が始まった。 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

大石議員は数十万円の罰金と免許停止、長期間と言うことに普通はなるはずだ。副議長を早く辞めたることが良い選択なのでは?また、岡田議員以外の議員の方、議員の職責を果たしていない。特に中澤議員は?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/53651971

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市議会大石副議長の交通事故(総務常任委員会協議会):

« 原発に関する東電と政府の対応(1) | トップページ | 鎌倉市長選が始まった。 »

無料ブログはココログ