« 平成25年10月28日鎌倉市職員処分記者発表 | トップページ | 鎌倉市職員処分発表(岡本マンションの考察) »

特定秘密保護法案が11月27日に強行採決か?

新聞によると、11月26日衆議院に改正法案が提出され、翌日27日に採決されると言う観測記事がでています。

現在、自民党・公明党・維新の会・みんなの党の4党で同法案の改正法案が、自民党と各党の密室協議によりまとまった。あとは、民主党案との議論が残っている状態です。

4党間即ち、自民党と各党でどのような議論がなされ、改正案がつくられたのか。国会での議論が無く、正式には国民は全く分からない。

提案する自民党に説明責任がある。少なくとも、公明党・維新の会・みんなの党は、なぜ、修正協議において改正案を了承したのかの説明が必要である。

憲法で国民に保証している「知る権利」や「表現自由の権利」を制限する法案が、国会にお

て十分な議論もなく採決される暴挙は、許されるものではない。

安倍首相の本質が出てきたように感じられてならない。

安倍首相の祖父・岸信介首相の安保強行採決とダブって見える。

鎌倉おやじの若き日の「重ぐるしい気分」が再び甦ってきました。

郵政選挙で、小泉首相が「自民党をぶっ壊す!」と叫んだが、

私は、いま「日本が壊れていく!」と言うしかない。

« 平成25年10月28日鎌倉市職員処分記者発表 | トップページ | 鎌倉市職員処分発表(岡本マンションの考察) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54039402

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案が11月27日に強行採決か?:

« 平成25年10月28日鎌倉市職員処分記者発表 | トップページ | 鎌倉市職員処分発表(岡本マンションの考察) »

無料ブログはココログ