« 通販サイト事業停止から見える総務常任委員会の運営について | トップページ | 大石副議長交通事故についての鎌倉市の対応? »

12月議会総務常任委員会最終日 審議未了多発!

平成25年12月20日総務常任委員会が、夕方終了しました。しかしながら、議案1件と報告事

項13件が審議未了
となり、来年1月議会閉会中に総務常任委員会が開催されることになりま

した。

平成25年11月23日当ブログ「平成25年10月28日鎌倉市職員処分記者発表」と11月25日

「鎌倉市職員処分発表(岡本マンションの考察)」にも書いている通り、10月28日記者発表さ

れた「職員処分」の報告までも先送りされました。

これは、中澤総務常任委員長が12月24日議会閉会のために、強引に委員会を閉会したた

めで、中澤委員長が、この問題を軽視しているからです。

この報告は、「岡本2丁目マンション開発問題」と「極楽寺開発計画」に関する職員処分。

岡本2丁目マンションは、過去8年間に亘る開発問題であります。いまだにその跡地は、開発

途中の崖地のままで、原状復帰がなされず、最終的な解決には至っておりません。

極楽寺は、職員が、現場確認せずに違法に開発許可を出したものです。

総務常任委員会担当の主なものは、人と金に関するチェックであり、職員処分は、報告事

項と言え、重要案件で先送りはありえない!

« 通販サイト事業停止から見える総務常任委員会の運営について | トップページ | 大石副議長交通事故についての鎌倉市の対応? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


本会議を12月24日議会閉会することは議会運営委員会の決定だと思う。

中澤総務常任委員長の権限ではないはず。

たった一人の反乱で通販サイト中止の言質を取ったことだけでも評価すべき。

議会運営の責任は中村議長・大石副議長ではないのでは?


本会議を12月24日議会閉会することは議会運営委員会の決定だと思う。

中澤総務常任委員長の権限ではないはず。

たった一人の反乱で通販サイト中止の言質を取ったことだけでも評価すべき。

議会運営の責任は中村議長・大石副議長ではないのでは?

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。

すみません、マンションの件は岡本二丁目ではないですか?大船駅前には違いありませんが。
気になったので、一応。

北鎌倉住民の方へ
貴方のご指摘の通りです。間違っていました。大船ではく岡本です。訂正してお詫びいたします。
鎌倉おやじ

中澤議員の頑張りには市民として拍手をおくります。多くの議員さんが おかしいことはおかしい という行動をとっていただければ! しかし、現実は無理。中澤議員においても公明、自民、自民系議員さんに対しては何も追求できない。大石副議長の問題にはダンマリ。これが現実。政治は市民感覚からは理解しがたい。

morticianさんへ    議会閉会は、議運が協議し、議長が決定する。議会運営の最終責任は議長にある。以上はその通りですが、各委員会に付託された案件の審議が終わらない限り本会議での採択はできないので閉会できない。委員会の運営は、委員長の指導の下、委員が同意して行われる。ですから、必ず、委員会の冒頭に日程が確認され、そこで日程の変更や追加が行われます。12月20日総務常任委員会においての中澤委員長のやり方に疑問を持ったのです。中澤委員長は、議長の意向に沿うために強引に12月24日閉会できるようにしたと考えます。なぜなら、中澤委員長は、今まで資料や回答が出なければ、徹底して審議ストップを行ったのに、急変し、審議案件先延ばしをしたからです。疑問があれば議会事務局に問合せされたい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54330982

この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会総務常任委員会最終日 審議未了多発!:

« 通販サイト事業停止から見える総務常任委員会の運営について | トップページ | 大石副議長交通事故についての鎌倉市の対応? »

無料ブログはココログ