« 安倍首相のやり方 2 | トップページ | 通販サイトの今年度執行停止(考察) »

鎌倉市民に「ひどい」クリスマスプレゼント !

平成25年12月24日、12月議会最終日に議会議案12号「大石副議長の副議長職を解く勧告決議について」が提案されたが、提案説明の前に中澤議員から大石副議長信任決議の動議が出され、議長が一括議題とした。まず、中澤市議から信任動議の提案説明がされ、そののち、高橋市議から副議長を解く勧告決議の提案説明がありました。

除斥の大石副議長が退席し、信任決議の採決に入る時に退席者が出ました。

  退席者

渡辺たかし市議(みんなの党)、共産党の吉岡・赤松市議、ネットの三宅・保坂市議、鎌倉みらいの前川・池田・山田市議、無所属の竹田市議・千市議の合計10名。

  残り14名の賛否

賛成:みんなの党の久坂・河村市議、自民党の中澤・上畠市議、公明党の納所・西岡市
    議、無所属の松中市議・渡辺昌一郎市議(自民党)の8名。

反対:公正、公平、透明な政治を実現する会の岡田・長嶋市議、鎌倉夢プロジェクトの会の
    高橋・永田・日向・小野田市議の合計6名。

賛成多数により大石副議長の信任決議は、可決されました。 

解任決議は、信任決議が可決されたので、議決不要となり、採決されませんでした。

これで、大石副議長は、前科者として鎌倉市議会副議長を続けるでしょう。

  採決について

1.採決までの手順

①中村議長は、大石副議長の解任に反対であったので、信任動議が出たことにより、議事
   日程の順番を決める権限がある。一括議題とし、信任決議を先に採決し、結果的に解任
  決議の採決をさせなかった。

②解任決議については、議運にて決議文の訂正が要求され修正されたのにもかかわらず、
  信任動議が出た時点で、議運を開く動議を誰も出さなかった。

2.議員の賛否について

①24名の内、10名もの退席者が出た。全議員が大石氏を副議長にと先の選任議案で賛成
   しておきながら、議会で大地震が発生したと「ネズミ」のごとく逃げ出した。退席者は、賛
  否を明らかにすると、どちらにも軋轢が出るのが嫌と言うことしか考えられない。物事の良
  い悪いについて判断したくないのだ。解任議案を市民の代表として判断できない議員に議
  会を任してよいのだろうか。議員としての責任を全うしていない。

②渡辺たかし市議が退席し、みんなの党の会派の意見が割れた。自民党の「特定秘密法
  案」に賛成した国政と一緒である。みんなの党が、大石副議長の解任決議をつぶしたと言
  える。鎌倉市における影響が大きなだけに、浅尾衆議院議員の責任は重い。

③9月議会中の大石副議長人身事故が発覚した当初、松中市議はブログで、12月議会冒頭
  で正副議長の選挙だと大騒ぎしていたのに、信任決議に賛成し、採決時に 笑ってました。
  松中市議は、10期のベテラン議員であるが、10期のほとんどが一人無所属です。
  カメレオンの様に豹変する人と誰も会派を組まない理由がやっとわかりました。松中市議
  を支援する人はこのような行動を知っているのだろうか。松中氏は情けない人ですよ。

④共産党とネットの対応は、大石問題の騒ぎが大きくなると変わる可能性が多いと考えま
 す。それは、市民の味方と自ら標榜しているから......

⑤鎌倉みらいが、退席したのは驚きです。この会派の過去は、与党系保守です。

⑥中澤市議が信任決議を出したことは想定内です。単にダンマリから態度を明らかにした
  だけで、正副議長のみんなの党と公明党を擁護したのです。これも国政と一緒の構図。

 

今年は、鎌倉市民としても日本国民としても良い年でしたか?

 
来年こそは、よい年であってほしいものです。

皆様 よいお年をお迎えください!

« 安倍首相のやり方 2 | トップページ | 通販サイトの今年度執行停止(考察) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

大石副議長、信任され、おめでとうございます。 中澤議員、他7名の議員さんごくろうさまです。前科一犯の議員さんを信任された努力を称えます。
松中議員さんはまたまた議長の職を狙っているのかな? 左に右によく動き回る方。自分の損得だけを考え行動。過去、この戦法で幾度か議長職をゲット。今度もこの戦法は巧くいくかな?

松中議員さんは、聞くところによると、「マッチ・ポンプ」いや違う「マッチュー・ポンプ」と言うらしい。

2013年12月24日 10:32

樋渡啓祐氏「松尾鎌倉市長、ご苦労様です!」~武雄市長物語より(235)

http://www.data-max.co.jp/2013/12/24/235_1_dm1526.html

鎌倉おやじ様いつもご苦労様です。 教えて頂きたい事柄があります。鎌倉みらいの前川議員、池田議員は以前、中澤議員と同じ会派だったはずです。この二人と現在、会派をくむ山田議員は確か 最初 民主党でした。どうして、三人が一緒の会派なのか? 理由がわかれば教えてください。

コメント5の方へ  中沢市議が1期目の時は、自民党所属議員は中澤氏だけでしたので、与党系保守会派(鎌倉みらい)に所属したが、会派のベテラン伊東市議に放り出され、一人無所属となったと聞いています。山田市議は、三菱電機労組委員長だったので、三菱の支援があり、当選は間違いがない。労組の関係から民主党を名乗っていたが、民主党に逆風が吹いてきたのでやめただけだと思います。山田氏は三菱電機社員ですから、与党系会派に所属したほうが仕事がやりやすいと言うことだと思います。山田市議の行動は、政治スタンスから見ると理解できませんよ。

鎌倉おやじ様 鎌倉みらい会派についての解説ありがとうございました。 納得できました。そういえば以前、山田議員は三菱電気のセールスマンという文章を見たことを思いだしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54366873

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市民に「ひどい」クリスマスプレゼント !:

« 安倍首相のやり方 2 | トップページ | 通販サイトの今年度執行停止(考察) »

無料ブログはココログ