« 鎌倉における「みんなの党」 | トップページ | 安倍首相のやり方 »

神奈川・鎌倉世界遺産推進協が解散、活動停止 

平成25年12月1日付神奈川新聞「世界遺産協議会が解散、再挑戦時また結成へ/鎌倉」や産経新聞「神奈川・鎌倉世界遺産推進協が活動停止 」の記事が出ています。

鎌倉世界遺産登録推進協議会HPにも「11月30日をもって終了することとなりました」とのお知らせが出ています。

鎌倉市ホームページの世界遺産登録では、

今回の勧告を受け、国・県の支援も得ながら、特に下記のまちづくりの三つの柱に重点を置き、取り組みを強めることとします。

1 埋蔵文化財の調査、研究など歴史的遺産を守る

2 歴史的風土特別保存地区をはじめとした鎌倉の貴重な緑・景観を守る

3 渋滞対策など、市民の暮らしを守る

 上記のように、今後の課題が書かれています。

は、教育委員会文化財部で対応。

2.3.は、まちづくり景観部や防災安全部で十分に対応出来る。

世界遺産協議会は、12月10日までに残務処理をし、完全に終了するとあります。

以前までの鎌倉市では、世界遺産協議会解散の決断を早くすることはできなかった。

今回、早く決断したのは、来年度予算が予算削減なしでは組めないのが、一番の理由と考え

ます。

鎌倉市は、平成26年度に「地方交付金交付団体」になりますが、市は、今まで職員1名あ

り、人件費を約1千万円予算計上しています。

松尾市長! 事業目的が無い世界遺産推進担当を年度末までそのままする余裕はない。

即刻、廃止するべきです。

 

« 鎌倉における「みんなの党」 | トップページ | 安倍首相のやり方 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

私の周りには、鎌倉世界遺産推進協議会の活動に参加している人が何人もいますが、解散の話は
本日、12月13日、このサイトではじめて知りました。
前向きの解散であれ、あるいは後ろ向きの解散であれ、今まで多くの市民に語り掛け、多くの市民から意見も頂いていた団体なのだから、「解散」するのであればもっとはっきり市民に伝えてほしいと思います。解散も結構です。しかしうまく解散してください。市民の笑いものになるような解散であってはいけない。

世界遺産がどうなろうと、鎌倉のまちづくりはみなさん今後もしっかり推進する気持ちではありませんか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54110871

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川・鎌倉世界遺産推進協が解散、活動停止 :

« 鎌倉における「みんなの党」 | トップページ | 安倍首相のやり方 »

無料ブログはココログ