« 鎌倉市議会の三役(議長・副議長・監査委員)の選挙公報 | トップページ | 12月議会総務常任委員会最終日 審議未了多発! »

通販サイト事業停止から見える総務常任委員会の運営について

平成25年12月19日午後2時から本会議が予定されていた。その30分前に急遽、総務常任委員会が開かれ、冒頭、中村議長が出席し発言した。松尾市長から通販サイト事業の執行を今年度は行わないとの文書が議会に提出されたと報告がありました。

その後休憩となり、中澤委員長から今後の委員会日程について発言があり協議がされました。

  中澤委員長の今後の日程についての考え

1.12月議会の最終日12月24日としたい。
2.12月議会で採決しなくてもよいものは次期議会で審査する。
3.報告事項は、2月議会としたい。
4.12月20日の委員会は、午後からにしたい。

  岡田委員から「公務優先」との発言などがありましたが、2月議会に先送りする案件の確
  認後、委員長の意向通りとなりました。

  疑問点

1.12月27日まで市役所はやっている。なぜ、24日最終日にこだわるのか。
2.永田委員ブログ12月19日「待機中」にもあるように、その他の議案を審議せずに実質的に
  は3日間も審議をストップさせている。
3.中澤委員長は、9月議会より資料要求や回答が無ければ、審議を進めなかったのに、ここ
  に来て審議の先送りをやるのか。12月20日は朝から審議すれば良いのに、それもやらな
  い。
4.過去は、ことある毎に市長など理事者の出席を求め質疑をしていたが、通販サイト停止を
  聞いた途端、それもせず通販サイト審議を打ち止めにした。

  12月16日総務常任委員会冒頭で、岡田副委員長に対して副委員長交代を求めて、交

  代させるなど、委員会運営に疑問が多く理解できない。
  

  通販サイト事業執行停止で、中澤委員長は豹変した?!

 

 

  ※通販サイト停止記事
   東京新聞  
MSN産経ニュース  カナロコ(神奈川新聞) 

  余談
  逗子市議会議員が、たまたま議会傍聴に来られており、逗子でこのような委員会運営
  を行ったら懲罰事案だと言っておられました。
  

 

 

« 鎌倉市議会の三役(議長・副議長・監査委員)の選挙公報 | トップページ | 12月議会総務常任委員会最終日 審議未了多発! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

中澤議員のブログを拝見しました。大変素晴らしい議員活動をしているように書かれています。しかし、私たち市民にとってはどうでもよい選挙違反問題。陳情合戦。確かに小野田議員の行動は議員失格。しかし、知り合いを使い、仕掛けたのは自民党。大石議員の件はダンマリ。どうでもよいことで時間をかけ、松尾市長をこまらせているだけ。やっていることがセコイ。市民の為、鎌倉の為にはどのような行動を取るべきか良く考え行動することを望みます。自民党を支援する鎌倉市民より。

なんでも先のばしするより結果を出す方が大切です。

今までの鎌倉市市議会を見ていれば判るはずです。

但し、朝日新聞記事によると今期だけ先延ばしするとのことになっていました。

補正予算を人質にとった総務常任委員会え運営を評価すべきです。

昔は彼みたいな市会議員が沢山いたのですが。。。

通販サイト事業停止は  またまた松尾市長のチョンボだと思う。

報道記事はこう書いている。


「神奈川県鎌倉市は19日、市内の名産品を扱う通信販売サイトの開設を断念した。市議会からサイトの委託先である任意組合の運営が不透明との指摘を受けたためで、松尾崇市長は「(契約先の妥当性を説明することについて)これ以上時間をかけることができない」と述べた。」

これを読む限り、今回の経緯は次のように理解される。

市長をトップとする行政機関は、その決定に対し議会から異論が提起され、それには反論できないので、自らの決定を撤回した。

 松尾市長もだらしないなあ。

議会から指摘されてあっさり撤回するようなことを、行政責任者として決定してはいけない。

 再選されたばかりですがレームダックみたいですね。

 この人は、市長就任以来いろいろなことがあったが、行政責任者としての見識を感じさせられることが極めて少なかった。評価も定かでないシンクタンクや、人材募集株式会社に頼ってしまうというのも一例です。今回の話もそれに類することです。チョンボがあれこれ続くことを考えると、早い話、この人あまりお利口でないのではないか。

 市長は、賢くなければいけません。市長に求められる賢さ、それについては別の機会にたくさんの市民で議論しましょう。

 自転車にのぼりを立てて市内を走り回るしか能がない方は、鎌倉市長は務まらないのでは・・・・せいぜい市会議員どまりです。

議会運営などについてよくわからないので、コメント2の方に申し訳ありませんが教えて頂きたい点がございます。補正予算を人質にとるとは、どのようなことですか?
また、この行為は鎌倉市民にとってプラスになりますか? 議会運営を先のばししたことは何かメリットがありますか?

遅くなりましたが、コメント4の方へ

鎌倉市議会関連情報をお知らせします。

---------------

中澤市議会議員ブログ

http://ameblo.jp/nakazawakatsuyuki/

保坂市議会議員ブログ

http://hosaka.kanagawanet.jp/

永田まりな市議会議員ブログ

http://nagata-marina.com/blog/

かまくらコンフィデンシャル

http://www1.ocn.ne.jp/~hiraitak/sisei.html

2013年12月16日鎌倉市議会総務常任委員会傍聴資料等

http://fujikama.coolblog.jp/2013/SEP/20131221.htm


2013年12月16日鎌倉市議会総務常任委員会録画中継(10分経過後をご覧下さい)

http://www.kamakura-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=gikai_result&gikai_day_id=290&category_id=56&inquiry_id=2071

以上

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54320064

この記事へのトラックバック一覧です: 通販サイト事業停止から見える総務常任委員会の運営について:

« 鎌倉市議会の三役(議長・副議長・監査委員)の選挙公報 | トップページ | 12月議会総務常任委員会最終日 審議未了多発! »

無料ブログはココログ