« 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ | トップページ | 鎌倉市の財政再建 »

都知事選の候補者と政党

平成26年1月22日「都知事選、あす告示…各党の対応固まる」と読売新聞が書いています。

  候補者

1.舛添洋一 (元厚労大臣)
  自民・公明と連合東京が支援。
  
  元妻・片山さつき参議院議員が、さつきブログ 本日の党大会後のぶら下
  がりを受けた報道にちょっと誤解があるので、私が都知事選の応援について何を申し上
  げたか、ブログに書きました!
と爆弾発言。
  

  舛添氏の下半身のことが書かれており、婚外子の子供と姉の扶養に問題がある...。

  こんな人が、厚労省のトップだったなんて信じられない!

  候補者の資質いぜんに人間としてアウト!

  
選挙違反などで捕まる候補者は、ほとんどが、身内からバラされていると言われている。
  私が知っていた候補者も、離婚した妻から、警察に告発され、当選が破棄されました。

2.細川護熙(元首相)
  
  
  
  この人も首相時代に東京佐川急便からの献金問題で、1年もたずに辞職。
  結果的には、前・都知事の猪瀬直樹氏と同じ。
  小泉元首相の支援を受けるので、当選の可能性があるが......。

3.宇都宮健児元日本弁護士連合会長)
  
 
 サラ金被害者を初めて救済した弁護士。人間的には弱者にやさしい候補者。
  葉山インサイダー1月18日記事に宇都宮氏の人となりが書かれている。

    http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/e625481f0a4cc4f65087d297a9ecab25

4.田母神俊雄 (元自衛隊航空幕僚長)
  日本維新の会の石原共同代表が支援。
  
  

  自民党
  自民党は、舛添氏は自民党除名者であるが、知名度優先。自民党都連推薦だけだった
  が、党本部も負ければ大変と全面支援となる。
  
  

  公明党
  都政与党として自民と連携し、舛添氏支援。
  

  民主党
  民主党が、「勝手連的」に細川氏支援。連合が分裂し、連合東京が、舛添氏を支持。民主
  党と連合の組織力の無さが露見。
  

  共産党
  都議選以降の風に乗り、宇都宮氏を推薦。勢力拡大の好機。
  

  社民党
  名護市長選の風に乗り、宇都宮氏を支援。勢力拡大の好機。

  生活の党
  小沢氏は細川首相指名者。細川氏を脱原発で支援。

  結の党
  野党連携により細川氏支援。

  二大政党の自民と民主が、ふがいない。
  自民党は、党除名者を担がざるを得ない状況。地方選挙連敗を阻止するために必死か。
  民主党は、党として細川氏を支援できない。連合も内部分裂状態。野党第一党として情
  けない。
  

  人物本位で候補者を選ぶしかないのでは、ないでしょうか。

 

« 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ | トップページ | 鎌倉市の財政再建 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。

個人的には田母神さんに東京都のリーダーをお願いしたいところです。

行政における最大の使命は危機管理と考えますし、首都圏で大規模災害が発生すれば、いい人なだけの候補者に、命運を託す気にはなれません。

かつて関東大震災でも甚大な被害を受けた鎌倉市民としては、東京都知事には危機管理に長けた人物をおすすめしたいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54702594

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選の候補者と政党:

« 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ | トップページ | 鎌倉市の財政再建 »

無料ブログはココログ