« 「幸せを運べるように」という歌 | トップページ | 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ »

名護市長選から見える民主主義と選挙と民意

平成26年1月19日沖縄県名護市長選で、普天間飛行場移転反対派の現職・稲嶺市長が、当選した。

自民党のアメとムチによる旧来からのやり方が、ボイコットされたと言えます。

この問題は、地方自治体における原発やゴミ処理施設と同じような問題であり、どこに移設するにしても賛否が分かれる問題です。

沖縄県に次いで、神奈川県には、米軍や自衛隊の軍事施設が多いのを、住んで初めて知りました。県内には、米軍施設自衛隊施設 があり、県民にとって軍事施設移転問題は、身近な問題なのです。

鎌倉市と逗子市との市境にある逗子市池子には、米軍住宅と弾薬庫があり、鎌倉市深沢地区のJR大船工場跡地も軍事施設だった。時々、厚木飛行場への飛行機が、鎌倉市域の上空に飛来し、騒音が聞かれます。

鎌倉市民にとっても名護市の問題は、非常に関心のある問題ではないでしょうか。

日本は、民主主義国家であり、選挙で政治を行う代表者を決めている。選挙では、政治課題を候補者が選挙公約で訴え、国民が、選挙により当選者を決めている。

選挙結果が、民意と考えるのが一般的であるが、今回の普天間飛行場移転問題では、「ねじれ」が発生している。

即ち、名護市民は、辺野古への移転に反対。沖縄県知事と安倍政権は、賛成。

仲井真知事は、「県外移設」と言って当選したのに公約違反だと批判されている。自民党安倍政権は、名護市が反対しても飛行場移転を推進すると言っています。

普天間飛行場のある宜野湾市民のことを考えると一刻も早く移転するべきですが、民意を尊重するなら、県外移転しかないと考えざるを得ない。

安倍政権は、遠回りしても県外移転で動くべきではないでしょうか。

たしか、橋下大阪市長が、府知事時代に関西空港などに移転してもよいような発言をしていたように思います。

安倍首相も、山口県岩国基地なども候補に動かれたら......。

長州藩は、歴史から見ると奇兵隊と言う軍事組織を早くから作り推進した藩です

ので、他府県よりも理解があるのでは?


安倍氏の選挙区山口県に移転できれば、安倍氏の名前が後世に残りますよ!

 

« 「幸せを運べるように」という歌 | トップページ | 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

山口県岩国基地に…に賛同いたしかねます、私の祖先が長州藩分家の吉川監物に仕えていたから
だけではありません、既に海兵隊と厚木の艦載機移転があるのにこれ以上移転はありえないし、
あってはならないと思います。
元々普天間の基地は岐阜県にあったのだから元の場所に戻すべきだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54676599

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選から見える民主主義と選挙と民意:

« 「幸せを運べるように」という歌 | トップページ | 名護市長選に負けた自民党がアメからムチへ »

無料ブログはココログ