« 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 | トップページ | 鎌倉市平成24年度決算書から平成26年度歳入予算を見る »

安倍首相のやり方 6

平成26年2月7日朝日新聞・コラム経済気象台「口は心の門」には、安倍首相の外交面にお

ける言動に注視し、「口は心の門で本音はいつか言葉に出る」と書かれている。

全く同感です。

平成26年1月31日衆議院予算委員会での、民主党・長妻昭議員の質問録画における安倍

首相の答弁
は、衆参両院で過半数を握っている日本のトップとして、品格の無い答弁であ

り、民主党政権時の過去をあげつらった言動を見ると、情けなくなりました。

 

特に、自民党の憲法改正案に対する「懸念」に対して、単なる「レッテル」貼りだと、いっしゅう

するなどは、言語道断であります。

 

「懸念」に対しては、十分に説明責任を果たすためにも、説明するとともに理解を求める姿

勢と義務がある。


憲法に関しては、立憲主義を逸脱してはならないと考えます。

※ 予算委員会中継録画の7分40秒から安倍首相の答弁が見れます。

« 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 | トップページ | 鎌倉市平成24年度決算書から平成26年度歳入予算を見る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。

私は憲法改正に賛成ですが、懸念に対しては充分な議論を尽くすのが政治のあるべき姿であると考えます。

安易な「レッテル貼り」というレッテル貼りこそ、問題です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54894355

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相のやり方 6:

« 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 | トップページ | 鎌倉市平成24年度決算書から平成26年度歳入予算を見る »

無料ブログはココログ