« 橋下大阪市長の市長選 | トップページ | 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 »

議会と語ろう! オープンミーティング

鎌倉市議会の議会基本条例の制定に関する調査特別委員会が、オープンミーティングを2月1日と2月2日に開催しました。

2月1日は、腰越:12人。深沢:22人。玉縄:16人。2月2日は、大船:18人。鎌倉:35人。合計103人が参加しました。

大船会場では、5テーブルに議員が1~2名参加し、司会者の発案で「議会の説明責任はどのようなことが考えられるか」と言うテーマで進められました。

その中の一つのテーブルでは、

1.「議会は、何をやっているかわからない」と言う意見が、一番象徴的なわかりやすい意見
  でした。(若い女性)

2.議会中継を見ていると、休憩・休憩があり、「なぜ止まっているのか、いつ再開されるの
  かが、まったくわからない。テロップなどで、説明してほしい
」(高齢者)

3.定例議会日程予定を早く告知してほしい。(高齢者)

テーマは、議会の説明責任ですが、議会で「いつ、何を、どの様に」行われているのかが、告知・広報されていなければ、市民は、説明責任ために、聞くこともできない。

議会活動の事前告知や結果の広報が大切です。議案などを専門用語でないわかりやすい言葉で、論点・決定経過などを!

議会活動が、告知・広報されていれば、このような議員懇談会で疑問を聞くことが出来ます。

議会と市民との理解が深まれば、市民のための市政になる。

さらには、市議選投票率にも反映され、より良い鎌倉市政になると考えます。

若い人から、インターネット手法を使い、双方向の意見が出せ、参加できるなどの場が欲しいと言う意見が出ていました。

議会のオープンミーティングの定期開催を望みます!

« 橋下大阪市長の市長選 | トップページ | 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつも市政報告、ありがとうございます。
全てに参加されたのですか?熱意に頭が下がります。

これから何をするか、今どうなっているか、結果どうなったのか、どうすればより良くなると考えるか。
そういう報告・連絡・相談はどこの職場でも当たり前なのに、議会にはそれがなかった。
市民を上司とは言いませんが、共にまちづくり事業に携わる同僚という意識を持った市政を強く望みます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54857641

この記事へのトラックバック一覧です: 議会と語ろう! オープンミーティング:

« 橋下大阪市長の市長選 | トップページ | 第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画前期実施計画の説明会 »

無料ブログはココログ