« 大船地区の市民サービスが少なくなっている! | トップページ | 安倍首相のやり方 7 (NHK人事) »

高梨沙羅選手のオリンピック

平成26年2月14日毎日新聞記事『<五輪ジャンプ>高梨、表彰台逃す「自分の力不足」』が

出ています。

沙羅選手の2回のジャンプ時、追い風が吹く不運に見舞われたが、言い訳せず、力不足と言

い、メンタルの弱さが出てしまったと言った。

試合終了後、家族の前で涙していたらしい。今まで女子ジャンプ界を引っ張ってきた先輩に

申し訳ないと発言。それを聞いた、山田コーチも涙ぐんていた。

かわいい小さな乙女が、日本の期待を背負い頑張ったにもかかわらず、「神」は、沙羅選手

に残酷な試練を与えた。

沙羅選手には、次回オリンピックに向けて、ほかの選手と格段の差が出るよう、技量を磨い

てほしい。

サッカー「なでしこジャパン」の選手たちが話していたが、マスコミは、オリンピックに負けれ

ば潮が引くようにいなくなり、チームが少なくなり、選手が活動できる場が、無くなったと言っ

ていた。

女子サッカーと同様に、女子ジャンプが強くなることを願っています。

女子ジャンプが、隆盛になるようにマスコミが報道し続けることを望みます。

沙羅選手たちが、けなげに発言している姿を報じてください。

« 大船地区の市民サービスが少なくなっている! | トップページ | 安倍首相のやり方 7 (NHK人事) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。
マスコミはいつも強い者、人気者にばかり脚光を当て、弱っている者、嫌われ者を叩きますが、そういう姿勢が次世代の才能を潰してしまっていることを自覚して欲しいものです。
人材を既製品のように消費するばかりでなく、みんなで育て、作り上げてこそ、人も社会も持続可能であると考えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/54966287

この記事へのトラックバック一覧です: 高梨沙羅選手のオリンピック:

« 大船地区の市民サービスが少なくなっている! | トップページ | 安倍首相のやり方 7 (NHK人事) »

無料ブログはココログ