« 鎌倉のロードプライシング | トップページ | 鎌倉市職員労働組合報「あゆみ」について »

鎌倉市職員の「わたり」に関する住民監査請求

鎌倉市民が、平成26年5月2日、市職員「わたり」の廃止を求める住民監査請求を提出しました。

監査委員会に提出された書類は、「藤沢市大鋸マンション・鎌倉市岡本2丁目マンション問題メモ」ブログの

5月2日住民監査請求に掲載されています。

5月14日監査委員より、監査請求の要件審査が終わり、監査を実施するとの連絡があったとのこと。

これで市民の訴えが却下されず、監査が行われることになりました。7月2日に、監査結果が公表されます。

鎌倉市は、地方公務員法第24条第1項(職務給の原則)「職員の給与は、その職務と

任に応ずるものでなければならない」を履行ぜず、「わたり」を続けており、現

在、在籍するすべての職員数の10%にもなる134名が「わたり」に該当する。そ

の過払い金額は、年間2600万円にもなります。

請求人は、現在行われている給与暫定削減が終了する本年7月末までに「わたり」の

廃止と、過去に過払いした給与の返還を求めています。

2月議会で松尾市長は、給与暫定削減後の給与について「給与体系を含む給与見直

職員組合と交渉する」と答弁している。 

議員提案「鎌倉市 職員給与の削減を求める決議」が提案され、共産党2名(吉岡市

議・赤松市議)と無所属1名(竹田市議)以外は全員賛成しました。

この決議の内容は、かまくら議会だより第225号(平成26年5月1日発行)

掲載されています。

松尾市長に対して、議会も市民も、給与体系を含む給与見直しを求めています。

給与見直しがなされないと、平成21年度に鎌倉市職員の給与が、東京都を含む都道

府県・市区町村すべての地方公共団体の中で全国一位だった事態に逆戻りしかねな

いのです。

松尾市長!

貴方には、議会と市民が応援しています。

給与見直しを頼みますぞ!

« 鎌倉のロードプライシング | トップページ | 鎌倉市職員労働組合報「あゆみ」について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56199403

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市職員の「わたり」に関する住民監査請求:

« 鎌倉のロードプライシング | トップページ | 鎌倉市職員労働組合報「あゆみ」について »

無料ブログはココログ