« ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 | トップページ | 鎌倉市職員の「わたり」住民監査の結果が出ました! »

神奈川新聞「ごみ有料化・補正予算案 異例の審査なし 鎌倉市議会総務常任委」

平成26年6月25日神奈川新聞記事「ごみ有料化・補正予算案 異例の審査なし 鎌倉市議会総務常任委」が出ています。

最近、鎌倉市政についての新聞各社の記事が少ないように感じていましたが、この記事

は、ミ問題を議会の動きから的確に書いていると感じました。

中澤総務委員長が、委員長としての権限で、議会及び行政をけん制しています。まさに、

中澤市議が、孤軍奮闘していますが、果たしてどうでしょうか。

記事にある通り、6月19日観光厚生常任委員会で、ゴミの条例等は、可決されて本会議に

上程されます。

総務常任委員会が6月23~24日開催されたが、ゴミ関連等の補正予算が、委員長預かり

となり、閉会中審議となりました。従来なら、委員会ベースですが、他の委員会で可決され

関連予算が、審議されないことがなかったが、今回は、委員長の議事整理権で止まり

ました。中沢委員長の見解は、本会議で可決された訳でないので、審議しないと言うこと

でしょうが、今回の補正予算には、自治会・町内会の支援事業(250万円)や障害児の

相談支援専門員(270万円)などが含まれているのでいかがなものかと思います。

松尾市長以下の行政側は、苦虫を噛みつぶしていることでしょう。

« ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 | トップページ | 鎌倉市職員の「わたり」住民監査の結果が出ました! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56604183

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞「ごみ有料化・補正予算案 異例の審査なし 鎌倉市議会総務常任委」:

« ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 | トップページ | 鎌倉市職員の「わたり」住民監査の結果が出ました! »

無料ブログはココログ