« 市有地貸付住民監査請求から見える鎌倉市職員 | トップページ | 稲村ケ崎小学校校長が、鎌倉ガーディアンズに通学路警備を依頼 »

平成26年6月議会傍聴記

6月11日AM10:00予定通り開会。冒頭、久坂市議の欠席(産休)が報告。

大石副議長の辞任が許可され、副議長選挙が行われた。

選挙結果:投票数25票。前川市議21票。無効票(白票)4票。4票は、中澤・上畠・松中・大石各市議?。 

次に、監査委員の提案議案が、市長から出され、長嶋市議が、総員の賛成にて選ばれました。 

各常任委員会のと委員長と委員選任が報告され、各委員長:総務・中沢市議。教育・納所市議。

観光厚生・吉岡市議。建設・池田市議。広報・上畠市議。議運・久坂市議が就任。

委員会メンバーでは、総務が、中村・千・保坂・永田・岡田・中沢・松中となり、建設メンバーが総務に

入り古タヌキが多くなった。

 

建設のメンバーが、がらりと変わり、河村・長嶋・池田・上畠・小野田・赤松・大石となり、陳情が、継続

審査で捨て置かれることが少なくなりそうです。総務が、今後は一筋縄ではいかなくなるだろう。

久坂市議は、議員中に二人の子供を出産した稀有な議員です。少子化の時代に頑張っておられ、おめで

たい話ですが、議運委員長を今期初めから務めています。

議運の役割は、各派代表者が委員となり、議会開催中の議事の進め方や取り扱いについて十回以上開催

されるのが通常であり、議運で決まらなければ、議会は動かない。

前回も議会を産休していましたが、今回は、議運の委員長であり、交代したほうが良いのでは

 

これはご本人の認識次第ですが.....議長会派だけに、議長以下はどのように考えているでしょうか。

午後から一般質問に入り、渡辺昌一郎市議が、JTBの観光調査事業の質問をし始めてすぐに、中澤市議

が発言を求め、この事業は、決算・監査が終了している。度重なる同様の質問はいかがかと質問を止める

ように発言をしました。議長は、それを受けて、渡辺昌一郎市議に注意を促し、質問が続きましたが、議長

判断で協議のため休憩を宣言した。

それまで松中市議が、最初からずうっと「野次」を言い続けており、質問や答弁がよく聞こえません

「野次」もタイミングよくあれば、面白く、議論が活性化になることもあるので「野次」飛ばすなと言いま

せんが、飛ばし続けるのはいただけません。意見があれば、発言を求めて発言すべき。

 

 

長年に亘り議長を務めた長老だけに残念であり、傍聴妨害に当たる。

当事者と議長が話し合ったが、その後、議運が開かれ、再開は、3時35分となりました。

議事進行中の議長には、議事整理権があり、議員の意見があっても、議員の質問権を制限することは

できませんので、議長権限により、議事を進めるべきだったと考えます。

見方を変えれば、学級崩壊した教室で、中村先生が、駄々っ子の意見に右往左往しているようでした。

先の議会において、中澤市議も「通販サイト事業」の質問で、同様の行動がありました。休憩・休憩をして、

結果的には、通販サイト事業を止めることが出来ました。これらは、議員の協力があってできたことです。

また、大谷副市長などのタクシー券問題では、中澤市議も、上手く行かなかったではないですか。

渡辺昌一郎市議も、JTB問題を取り上げ、理事者側から的確な答えが出ないから、質問を続けている。

中澤市議と渡辺昌一郎市議は、同じ自民党公認候補で当選し、一時は、同じ会派で行動した仲間では。

 

会派を分かれても、同じ政治姿勢の人間ではないか。中沢市議の渡辺昌一郎市議への発言は、見て

いて見苦しく思いました。

意見が違っても、建設的な議論が議会で行われることを望みます。

 

 

 

 

« 市有地貸付住民監査請求から見える鎌倉市職員 | トップページ | 稲村ケ崎小学校校長が、鎌倉ガーディアンズに通学路警備を依頼 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
議会の傍聴お疲れ様です。本当に。
のっけからグダグダという印象を受けます。

それにしても、渡辺(昌)議員が自民党から抜けたのはどうしてなのでしょうね。当選後半年で脱退とは、彼が自民党であるが故に投票したであろう有権者に対する裏切りとすら感じます。

松中議員のやじは議事進行の妨害になっている。こまったじいさんだ。という印象だ。超ベテラン議員なのに。中澤議員については議会で活躍している。しかし、自信のブログで同僚議員を批判、あたかも自分が一番だと? しかも、大石議員のことはいっさい追求しない。言動不一致。人間的成長を望む。

北鎌倉住民さんへ
渡辺昌一郎市議は、市議会自民党会派を抜けただけで、自民党党員である。先の選挙で彼は自民党の支持を得て、トップ当選した。市議会自民党会派での同一行動をできないと判断したのだと考えます。

鎌倉おやじ様
ご教示ありがとうございます。

しかし、選挙の時は自民党の名前と風を利用したのですから、今後も自民党の一員として協調するのが筋だと思います。
自民党も、会派を抜けるのなら離党せよ、くらい責任を求めて頂きたいものです。

舛添さんじゃあるまいに、選挙が終われば後足に砂と言わんばかりの態度に、納得が行きません。自民党員に代わって怒りたいくらいです。

……詮ない愚痴でした。すみません。

岡田は民主、渡辺は自民。この二人が会派を組むことは党派を越えた理想があるのでしょう!

逆に中沢克之がトップ当選の渡辺市議を邪魔するのはみっともない。
民意はどちらの候補を支持した!?
過去落選した中沢市議よ、2期目でここまで差がついた理由を考えてくれ
自民党におごるのはあなたではないか

市議会自民党会派はややもすると市民のためでなく、自民党のために行動しているところがあるからではないでしょうか。鎌倉市民より、まず自民党員としての議員人生ありきのようです。
渡辺(昌)議員は自民党員ではあるけれど、まず市民のためを考えているのだと思います。
立派だと思います。さすがはトップ当選をされるだけのことはあります。
松中議員はベテランで市政への見方も鋭いのに、残念な行動をとりましたね。がっかりです。

中澤議員が議会で活躍していることは事実。しかし、他人のことをしつこく批判しまくる。一期目の時は自民党系会派をひとり飛び出し、二期目は渡辺議員が会派離脱。
日頃の行動を見ていると四面楚歌状態になり、松中議員のようにひとり会派になるのでは?

髪をべたべた触りナルシストきもちわるい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56469350

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年6月議会傍聴記:

« 市有地貸付住民監査請求から見える鎌倉市職員 | トップページ | 稲村ケ崎小学校校長が、鎌倉ガーディアンズに通学路警備を依頼 »

無料ブログはココログ