« 平成26年度6月議会・総務常任委員会(6/23)傍聴記 | トップページ | ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 »

市有地貸付住民監査請求について(傍聴)

1403574934928_kamakuraoyaji

平成26年6月24日午前10時より市有地監査請

求の請求人意見陳述がありましたので傍聴を

報告します。

ず、監査計画が、わかりましたので、報告します。

決定したことは、結論は、8月1日まで出す。7月3日監査委員による原局事情聴取するが、

請求人の立会は出来ない。現在のところ原局の意見陳述の希望はない。

本日の陳述に関係職員などの立ち合いはなかった。

請求人の意見陳述に立ち会う権利があるのに立ち会わないことと、関係職員として意見

陳述が出来るのに、陳述しないのはどのような意味合いがあるのか傍聴していてわからな

かった。わかったのは、原局に権利があるのに行使しないで、放棄したことです。

一見すると訴えを認めたことになるが......。

原局職員の措置を求めている以上、それはないと考える。公式の場で、反論しないと言うこ

しか考えられない。これら行動を監査委員は、どの様に考えるかが、気になります。

監査事務局に聞いたところ、鎌倉市では、過去の監査請求でほとんど原局の意見陳述は

無かったとのことでした。

請求人の陳述後に、監査委員からこの案件に関する質問が一切ありませんでした。

陳述人は、監査委員の質問が無いから、監査委員が理解してくれているかを心配してい

ました。

他市監査請求の意見陳述を傍聴したことがありますが、1日のうちに、請求人意見陳述と、

原局意見陳述が行われ、請求人も原局職員も立会してお互いの意見を聞いていました。

監査委員もそれぞれに質問をしていた。

鎌倉市職員は、原局事情聴取時に反論するのかな。

それって、おかしくない?

監査委員と実施機関の市長部局とが、緊張関係にないのではないか。

陳述人の市有地貸付監査請求に関する陳述文入手したのでご覧ください。

« 平成26年度6月議会・総務常任委員会(6/23)傍聴記 | トップページ | ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

この問題は結論がでている。万が一、おかしな結論を監査委員さんがだしたら!!??どうなるだろうか。

この件については、角田晶生氏のブログに詳細が載っている。

タダで勝手にブログを引用し、さも自分が、見つけたかのように、チラシを撒く活動家がいる。
それで現議員をひっくるめて批判する。岡田議員のようにまじめにやっている議員もいます。わたりは岡田議員がいたから如実になったということ

誰が見つけた、よりも一人でも多くの市民が事実に気づいたら声を上げるべき。岡田議員はじめ心ある人はそれを望んでブログなどで発信しているはず。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56596423

この記事へのトラックバック一覧です: 市有地貸付住民監査請求について(傍聴):

« 平成26年度6月議会・総務常任委員会(6/23)傍聴記 | トップページ | ワールドカップ1次予選敗退と公明党集団的自衛権容認 »

無料ブログはココログ