« 市有地住民監査請求の監査実施計画 | トップページ | 集団的自衛権に関する陳情について »

鎌倉市監査委員の監査のやり方に異議あり。

 ブログに市有地監査請求の監査実施計画のことを書きましたが、今回は、関係職員等の陳述の聴取に

 ついて書きます。

 

 鎌倉と他市などの監査のやり方の違いについて

 

 

 1.横浜市「住民監査請求に関する証拠の提出及び陳述の取扱方針」によれば、

 

 

   「6.関係職員の陳述 (1)監査の実施において、必要に応じて、監査委員は、関係

  職員から陳述を聴取す」とある。

 

 2.鎌倉市「住民監査請求に伴う証拠に提出及び陳述等についての取扱基準」によれ

  ば、

 

 

   「第5条 監査委員は、関係職員等の求めに応じ、陳述を行う」とある。

 

 

 

 関係職員の陳述については、原則公開。

 

 横浜市の場合は、監査委員が関係職員等の陳述を求める。陳述は公開の場で行われ、、請求人も同席

 でき、なおかつ請求人が、発言もできる。

 

 鎌倉市の場合は、関係職員の陳述のイニシアチィブは、関係職員にある。過去の住民監査請求では、

 ほとんど関係職員等の陳述が無い。たとえ、陳述があっても、請求人は、発言できない。だから、監査委

 員が、内部聴き取りを行っている。

 

 鎌倉市監査委員は、ガバナンスを放棄し、職員に委ねていることにならないか。

 関係職員等の聴き取りは、陳述の公開の場で行うべきである。

 

 鎌倉の監査は、他市と違って、市長部局の内部機関になり下がっており、取扱基準でそ

 れを認めている。

 

 このやり方は、市の独立機関の体をなしていないので公平な審査ができるでしょうか!

 

 

 

 

« 市有地住民監査請求の監査実施計画 | トップページ | 集団的自衛権に関する陳情について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

監査委員なんて飾り。結局は役人のいいなり。過去に監査委員になった議員も役人に使われていただけか! なさけない。長嶋議員にお願いしたいのは、監査委員、役人に騙されることなく監査委員の役目を果たしていただきたい。大石議員の市有地不正占有問題はどのような結論がでるのでしょいか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56647035

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市監査委員の監査のやり方に異議あり。:

« 市有地住民監査請求の監査実施計画 | トップページ | 集団的自衛権に関する陳情について »

無料ブログはココログ