« ベネッセ情報漏洩事件から見える鎌倉市の教育 | トップページ | 7月14日以降の総務常任委員会 »

野々村兵庫県議辞任から鎌倉・大石市議は辞めるべき

神戸新聞記事「県議辞職/政治活動費の透明性を高めよ」によると野々村県議が7月11日辞職し、1800万円余の政治活動費の全額返還の考えを示した。県議会は、野々村県議を検察に告発した。

 

この件は、神戸新聞によるスクープ記事が端を発し、大いに影響している。

 

議員は、議員特権があるから、自らが辞任する以外に辞めさせることが難しい。

 

野々村議員は、政治活動費を返還することで、辞めないという選択肢もあったが、辞任することになった。

 

鎌倉おやじは、この点だけは評価したい。また、無所属と言う立場が災いした。

 

都議会のヤジ問題では、最大会派の自民党議員だったために、党籍離脱と言う「お茶濁し」ですましているが、議会での反発は少ない。また、その他のヤジ発言議員への追及もそのままである。

 

 

大石和久鎌倉市議について

 

1.交通事故

 

鎌倉市議会・大石副議長(公明党)は、昨年9月定例議会中に、赤信号無視による人身事故を起こし、罰金40万円の刑事処分が下され、議会において、副議長職辞職勧告決議が出されたが、議会提案時に信任動議が出され、結果的に信任されました。

 

信任動議は、自民党中澤市議から提案されたが、採決時に、退席者(みらい3名、共産2名、ネット2名、無所属千・竹田、みんな・渡辺)が続出し、賛成者(みんな・久坂・河村、公明・納所・西岡、自民・中沢・上畠、無所属・渡辺・松中)と反対者(夢プロジェクト4名、公正・公平・透明2名)で信任された。

 

川崎市「市長事務部局における懲戒処分について」よると、別表 5 交通事故 (2) 人身事故 イ 「人に傷害を負わせた」場合は、「停職」「減給」「戒告」の処分が下される。

 

鎌倉市の場合も職員なら懲戒処分が下される。当ブログ「川崎市職員交通違反で懲戒処分(減給)」に書いています。

 

2.市有地貸付違反

 

市有地借り受け人である大石市議とその親族による21年間に亘る市有地不法占拠と、

石市議が、市議になってから現在までの貸付料違反である。その違反金額3千万円

余の徴収と市有地貸付契約解除と関係職員の処分及び告発を求めた住民監査が6月

鎌倉市民から請求された。

 

どちらも地方公共団体のお金の問題です。金額を見ると大石市議の金額の方が多い。

野々村県議の場合は、メディアが記事にした影響が大きい。

参考資料 

住民監査請求人「市有地住民監査請求陳述文」

 

3.葉山町の住民監査請求

自らの申し出による「勧奨退職」は本来の趣旨に反する 葉山町監査委員 が住民監査請求を認める』がでており、それによると、山梨町長が、事前に町の勧奨退職制度の運用を止めていたことなどが判明。

鎌倉おやじは、住民に対して真っ当な判断が、監査委員から出されたと考え、葉山町民が羨ましい。

鎌倉市の住民監査では、「住民監査請求に伴う証拠の提出及び陳述等についての取扱

」を監査委員が制定しております。この取り扱い基準第5条「監査委員は、関係職員

等の求めに応じ、陳述の徴取を行う」とあり、関係職員の陳述の徴取が、職員の意思に

任されており、監査委員は、要求すらできない規定になっています。

 

監査委員自らの権限である職員への陳述徴取を放棄しているのです。葉山町長が勧奨

退職を求める自らの権限を放棄しているのと同じ構図です。

 

  鎌倉市では、監査のやり方すら真っ当でないので、監査結果に危惧しています。

 1.鎌倉市の理事者は、監査結果前に措置に動くか。

 2.大石市議はどうするか。

 3.監査委員が、どのような判断するか

 

   7月末には、監査結果が出る。大石市議に考える時間は少ない。

 

 

 

« ベネッセ情報漏洩事件から見える鎌倉市の教育 | トップページ | 7月14日以降の総務常任委員会 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56776901

この記事へのトラックバック一覧です: 野々村兵庫県議辞任から鎌倉・大石市議は辞めるべき:

« ベネッセ情報漏洩事件から見える鎌倉市の教育 | トップページ | 7月14日以降の総務常任委員会 »

無料ブログはココログ