« 鎌倉市監査委員の監査のやり方に異議あり。 | トップページ | 鎌倉市の生活保護申請窓口についたて 2年以上  »

集団的自衛権に関する陳情について

 

 残念ながら、本日、安倍内閣が、集団的自衛権行使容認の解釈変更閣議決定がなされた。

 平成26年6月議会に集団的自衛権に関する陳情が、3本出された。 

 

 総務常任委員会に付託され、審議されました。

 

 結論を出すと言う委員が、岡田、松中、千、保坂各市議。

 

 継続を主張する委員が、中村聡一郎、永田各市議。

 

 賛成多数で、結論を出すことになったところ、採決に入る前に、中村聡一郎、岡田市議が、退席しました。 

 

 採決したところ保坂、千、永田、松中の各市議が全員賛成し、全会一致となりました。

 その結果、委員長を中心に意見書をまとめ、本会議に上程。

 皮肉なことに、陳情に反対である自民党の中澤市議が、総務常任委員長として提案しました。

 議会議案第2号「集団的自衛権行使を容認する憲法解釈に ついての 意見書」として本会議に掛けら

 れ、賛成多数で可決されました。

 鎌倉市は、昭和33年8月「平和都市宣言」を宣言した街ですから、時期を得た結果となりました。

 

 参考

 陳情第4号「集団的自衛権行使を容認する解釈改憲に反対する意見書」を求める陳情

 陳情第6号集団的自衛権行使を認める憲法解釈の変更をしないように政府に意見書の提出を求める陳情

 陳情第7号「憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する意見書」を求める陳情書

« 鎌倉市監査委員の監査のやり方に異議あり。 | トップページ | 鎌倉市の生活保護申請窓口についたて 2年以上  »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/56666670

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権に関する陳情について:

« 鎌倉市監査委員の監査のやり方に異議あり。 | トップページ | 鎌倉市の生活保護申請窓口についたて 2年以上  »

無料ブログはココログ