« やっと ゴミ有料化予算が審議される ! | トップページ | 平成25年鎌倉市職員個人別給与データー »

平成26年度9月議会・新給与体系案の修正案が可決?

平成26年9月12日総務(委)において提案されていた新給与体系案の一部修正案(激変緩和策削除)が、

岡田和則委員から提案され、全委員の賛成により可決されました。

 

新給与体系は、財政難を理由とし、2年間の給与暫定削減で平均給与7.7%減、8.7億円減/年が行われて

ました。

 

今回、暫定削減が終了するのに伴い、市から組合に提案され妥結し、10月1日から実施するべく提案され

たものです。

 

 

鎌倉市職員給与は、平成21年度に東京都職員よりも高く、全国1位でした。さらに、神奈川県下で唯一職員

「わたり」を続けていました。これらを是正するため、市は、議会に給与体系を国公準拠による体系に根本

に改正すると説明していた。

 

新給与体系の概要

 

鎌倉市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について(市の提案)

 

総務委員会提案「鎌倉市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について」の一部修正案

 

  岡田委員の質疑

 

1.一般職・労務職は県ベースと言っていたが、労務職は、当初案を全面修正し、大幅アップ。

 

  現在、一般職は、全国52~55位。労務職は、15位である。労務職は、このままでは上位にランクされる。

 

2.地域手当12%から15%、管理職手当はアップ、住居手当の持ち家は、ゼロから一部修正となる。

 

  国公準拠の良いとこ取りでは?

 

3.「わたり」は総務省からH22年度より廃止の指導があったが、県下で最後まで続けていた。

 

  「わたり」は激変緩和による6年後には、誰もいなくなるのでは?

 

4.激変緩和は、当初提案にはない。問題では?

 

 

  理事者質疑後に、同上修正案が、岡田委員から提案され、全会一致の総員賛成で可決。

 

 修正案は、激変緩和を廃止する内容のものです。

 

 

  新給与体系修正議案は、9月26日本会議において採決が行われる予定ですが、可決される可能性が

  高くなった。

 

  給与議案の修正案が、議会提案により可決されれば、全国的に見ても画期的なことになる。

 

  今まで総務委員会や議会は、機能していない。

  壊れていると言ってきたが、これで機能していることになります。

 

 

 

  激変緩和について総務部の説明では、わたり対象者対策であると答弁していた。

 

  わたり対象者の最大削減率が17.19%、金額では▲143万円/年にもなり、不利益処分と考え激変

  緩和策を取らざるを得なくなったと説明したが、職責にに関係なく、年功だけで年間143万円も余分に

  わたり対象者は、貰っていた。

 

 わたり対象者は、本来もらえない余分の給与を10月から貰えなくなるだけで、不利益

 処分でもなんでもないと考えます。

 

 

 

  本会議で可決すれば、行政側には手続き上では、再議を申し出ることはできる。可決には、三分の二の

  賛成が必要となるが、松尾市長が1期目で給与削減を大きなテーマとして選挙公約で挙げていました。

 

  松尾市長が再議を申し出たら、市民が、どのように反応するかは明らかです。

 

 

  最後に、市民が訴えた、今年の6月「わたり」に係る職員給与返還請求等に関する住民監査請求の

  監査結果それに伴う市長への監査委員の「要望書」が影響したかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« やっと ゴミ有料化予算が審議される ! | トップページ | 平成25年鎌倉市職員個人別給与データー »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

●2014/9/13(カナロコ)県内唯一残る「わたり」制度、鎌倉市も廃止へ

http://www.kanaloco.jp/article/77565/cms_id/101189

議案第45号鎌倉市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例に対する修正案

http://fujikama.coolblog.jp/2014/MAY/20140912.htm

●オープンデータ比較

藤沢市オープンデータライブラリ

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/it/page100113.shtml

鎌倉市オープンデータポータル

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/opendata/opendata.html

オープンデータ使用事例

鎌倉市職員給与年収別アプリ→http://fukuno.jig.jp/2014/kamakurajk
 年収一千万円以上が251人。
 半数以上の職員が年収800万円以上。

みらい、鎌夢会が退席もあるか

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/57350249

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度9月議会・新給与体系案の修正案が可決?:

« やっと ゴミ有料化予算が審議される ! | トップページ | 平成25年鎌倉市職員個人別給与データー »

無料ブログはココログ