« 鎌倉市「新給与体系」の激変緩和は認められない! | トップページ | 平成26年度9月議会・新給与体系案の修正案が可決? »

やっと ゴミ有料化予算が審議される !

平成26年6月議会においてゴミ有料化補正予算が、総務常任委員会で審議されることなく、閉会中継続

審査となって捨て置かれていました。

平成26年9月8日議会本会議において動議が出され、「廃棄物の有料化に関する補正予算等審査特別

委員会」を設置し、ゴミ有料化予算を付託替えし、審議されることになりました。

 

特別委員会のメンバーは、下記の通り10名が決定しました。

 

長嶋市議(草莽)、保坂市議(ネット)、上畠市議(自民)、西岡市議(公明)、池田市議(みらい)、永田市議・

小野田市議(夢プロジェクト)、渡辺市議・久坂市議(みんな)、吉岡市議(共産)。

 

委員構成を見ると各会派から1名選出し、4名会派から2名が選出され、無所属議員は選出されていない。

ゴミ有料化予算は、6月議会の観光厚生常任委員会において既に内容は審議され了承されています。

あらためて内容は審議することが無いと考えます。ただ、総務常任委員会で問題提議された地方自治法

222条ついては、意見が出るかもしれないが、条例と関連予算は同時に提案されており問題はないと考

ます。

地方自治法222条に関して、国・県は、違法かどうか判断できないとの見解であり、議会としてこれ以上

議論できない。

9月議会に提案されたゴミ有料化修正予算案は、実施時期が平成27年1月16日から平成27年4月1日に

ずれ込んだために減額修正されている。敢えて審議するのは、減額内容の審議ぐらいです。

審議され採決されれば、委員会メンバーから見ると可決されると推測します。

結論

ゴミ改正条例案の時に十分な審議を行い、反対派を増やすことが出来なかったことが、

有料化反対派の失敗です。

このままでは、ゴミ有料化反対派の動きは、予算案引き延ばしでしかなくなったと言うこと

になるだろう。

« 鎌倉市「新給与体系」の激変緩和は認められない! | トップページ | 平成26年度9月議会・新給与体系案の修正案が可決? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2014年9月16日(火)9時30分 鎌倉市議「廃棄物の有料化に関する補正予算等審査特別委員会」

http://fujikama.coolblog.jp/2014/MAY/20140910.htm


深沢地域土壌汚染地区には新規ごみ焼却施設最適


【拡散希望】2014年9月11日 鎌倉市議会建設常任委員会(拠点整備部)
日程第2 報告事項
(2)深沢地域整備事業の現状について

http://fujikama.coolblog.jp/2014/MAY/20140911.htm

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/57314563

この記事へのトラックバック一覧です: やっと ゴミ有料化予算が審議される !:

« 鎌倉市「新給与体系」の激変緩和は認められない! | トップページ | 平成26年度9月議会・新給与体系案の修正案が可決? »

無料ブログはココログ