« 女性閣僚 ダブル辞任 | トップページ | 岡本2丁目マンション計画跡地の寄付(考察) »

国民健康保険の保険料率について

国民皆保険制度の問題点「公的医療保険制度「国保」立て直しで議論 」を読売が書いている。

「(報われぬ国 負担増の先に)番外編 国保滞納の督促 生命保険も差し押さえ」を朝日が書いている。

読売は、保険制度の問題を、朝日は、徴収の問題点を書いています。

 

サラリーマンが退職すれば、居住地の自治体が運営する「国民健康保険」に加入することになります。

 

公的保険には、74歳以下の加入者が入る3つの制度があり、退職者などの無職者や自営業者や農家らは

市町村が運営する国民健康保険(国保)、大企業の社員らは健保組合、中小企業の社員らは協会けんぽ

のいずれかに入ります。

 

75歳以上の人は、後期高齢者保健制度(都道府県運営)に入ります。

 

国は、国保の運営を都道府県にさせようとしています。その理由は、加入者に無職の人や退職者が多く、

保険料の収入が少ないのに医療費の支出が多いというジレンマを抱えています。取りあえず自治体による

保険料格差を無くそうとしている。加入者の所得に占める保険料率を2008年度の11・7%から11年度に

14・3%に上げても、年0・3兆円の赤字になっています。

 

 

「協会けんぽは、保険料率を09年度の8・2%から12年度以降は10%に引き上げています。民間企業の

場合、雇用主も保険料の半額を支払うことになっており、企業側からは『現状が限界。負担が増えるとこれ

以上雇用できなくなる』との声が出ています。協会けんぽは今のところ黒字決算ですが、10%のままでは

2年後に赤字に転落する見通しです」

 

 

「健保組合は全体で7年連続の赤字予算になり、平均の保険料率も8・8%で年々上がっています。健保

組合は既に、会社員や雇用主の企業から集めた保険料の4割強を後期高齢者医療制度や、65~74歳

の人の医療費支援に拠出しており、これ以上の負担はできないと主張しています」

 

  徴収率

  国保の保険料徴収は、サラリーマンのように源泉徴収されないなどと共に、弱者が多く、医療費が嵩む

  人などが多いことなどから保険料率が高く、制度上多くの問題を抱えている。

 朝日の記事によれば、「政令指定都市と中核市の国保保険料の徴収率と差押え」の表があり、徴収率

  が高いのは、名古屋市の94.4%。徴収率が低いのは、函館市の81.4%と出ている。

  鎌倉市の国保徴収率は、平成25年度単年度では、102.13%。累計では、81.99%で、頑張ってい

 る。

 

 

 

 問題点

 

 

 

1.国保は、保険料率が高い。

 

 

 

  ①国保:14.3% ②協会けんぽ:10% ③健保組合:8.8%

 

 

 

2.国保は、自治体の保険徴収率が悪くなれば、残額が保険料に加算されます。

 

 

 

3.自治体が国保に補助を出しているが、自治体の財政により補助金額に差があり、

 

  自治体により保険料に違いがあります

 

 

 

4.協会けんぽと健保組合は、給与所得に保険料率を掛けるが、国保は、加入者の総合

 

  所得に保険料率を掛けます。

 

 

 

  協会けんぽと健保組合の加入者は、給与所得以外の不動産所得やその他雑所得

 

  には保険料が掛かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  国は、どの保険制度に加入しても同一の保険料率になるようにすべきであり、収入額

 

  算定についても同一にすべきです。

 

 

 

  加入者団体が努力した利益については、加入者に還元するようにしてほしい。

 

 

 

 

 

  事例

 

  親が、食欲不振に陥り入院しました。あらゆる検査をしましたが、原因がわかりませんでした。医者の話

  では、一部の薬の投与をやめたところ、すこし食欲が出て来ました。結果的には、薬の過剰投与が原因

  の一つと考えられます。

 

  退院して老健に入ることになりましたが、医療制度が違うので、医療費に制限があります。個人が支払

  う時には、高額の薬などどどん出すが、老健では高額の薬の投与が出来ないとのことです。今回の

  ケースは、過剰投与が原因ようですが、必要な薬は制度が違っても出せるようにすべきと考えます。

 

 

  皆様へ

 

 患者がどこそこが悪いと言えば、すぐに薬を出す医者には気を付けた方が良いです。

 命取りになります。

 

 

 少子高齢化を迎え社会保険制度にますます税金が必要となります。今回の事例から

 考えると、個人の負担もさることながら、医療界の過剰診療と薬の過剰投与にも

 チェックが必要ではないかとつくづく考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 女性閣僚 ダブル辞任 | トップページ | 岡本2丁目マンション計画跡地の寄付(考察) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/57751642

この記事へのトラックバック一覧です: 国民健康保険の保険料率について:

« 女性閣僚 ダブル辞任 | トップページ | 岡本2丁目マンション計画跡地の寄付(考察) »

無料ブログはココログ