« みんなの党告別式が11月28日と決定! | トップページ | 鎌倉市監査委員会が機能していない! »

第6回北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会

11月20日山ノ内公会堂において上記安全協第6回議会が開催されました。

トンネル部分の土地を市は、国から平成16年度移管を受け、平成25年度調査でトンネルを生活道路として使用は危険と

判断した。地域住民とトンネル部分の防災安全について協議会を開催して協議している。

協議会メンバーは、北鎌倉駅周辺町内会と寺院及びトンネルを通学路としている学校関係者。

事務局は、担当部署である都市整備部道路課。

20141120kitakamatonnneru_2
   JR北鎌倉駅裏トンネル写真:左側横須賀線下りホーム  左フェンスが無い部分が、朝の通学時の臨時改札口

  
    会議内容

1.トンネルの全面通行禁止について

  通学者の学校などに事前通知のうえ10月初旬台風来襲時に実施した。

2.鎌倉市文化財専門委員会議事録(北鎌倉トンネルについての部分)

  前回事務局が提出した議事概要と文化財課作成の議事録を基に説明があったが、文化財課のものは、Q&Aで詳し

  く書かれている。

3.北鎌倉史跡研究会からの意見陳述

  出口さんと言う方が、トンネル取り壊し反対の立場で意見陳述された。上記写真にも写っている立て看板は、同研究

  会が、トンネルの由来を書いたものと、トンネル取り壊し反対を訴えるものです。

  北鎌倉史跡研究会の主な意見

  協議会名称の駅裏は違う。駅裏ではない。議事録の体をなしていない。運営が公平でない。地権者に礼を尽くし

  て対応してほしい。研究会が、昨年6月に提出した保存を求める文書が協議会に未提出。文化財会議議事録がい

  い加減。道路課が安全無視している。今まで安全対策や樹木の管理を放置し、取り壊しの考え。トンネルを取り

  壊しても交通事故の危険や崩落の危険がある。町内会の回覧板と協議会資料に違いがある。通学者の安全のた

  めトンネルの大船側に出口設置をJR要望。今回プランを白紙にして考え直す。

4.関係機関との協議経過

  トンネル取り壊しの工事による協議(JRと横須賀市水道局)

5.景観に配慮した恒久安全対策(案)

  トンネル取り壊し工事内容

  
    問題点

1.地元町内会もトンネル保存を望んでいるが、安全が保てないと言う市の説明で取り壊しをやむを得ないとの考え。

  この問題は、景観と安全のバランスです。

2.市は世界遺産を断念していない。安易に安全を優先したトンネル取り壊し工事だけでは、住民は納得しない。

  市が、反対を唱える住民に丁寧な説明を行うことが、さらに必要。

  反対意見陳述者が退席後に協議会は、トンネル取り壊し意見で一致した。反対者が不信を持つ行為

  で
残念であった。

3.トンネルを通る朝の通学学童が、大船高校生だけで800人以上いることに驚いた。その他、小坂小学校に通う小学

  生もいる、北鎌倉女子学園の生徒もいる。市のトンネル取り壊し工事説明では、現在ある学童のための臨時改札口

  を工事のためにトンネルの大船側に移設を要請。工事予定では平成27年度に工事設計を実施と言っているが、工

  事完成は27年度に終わると限らない。トンネルが崩落すれば、トンネルのある生活道路利用者は、交通量の多い

  危険な鎌倉街道を利用するしかない。早急なトンネル安全対策は必要です。


  ※ トンネルの通行に危険があると認識し、台風時には、通行禁止処置までしている。

    工事進行に関係なく、即刻、学童の臨時改札口の移設をJRに要請すべきである

4.協議会は、文化財専門委員に意見聴取をしているが、景観部がメンバーに入っていない。片手落ちである。

5.寺院(円覚寺・雲頂庵)はトンネル取り壊し賛成。雲頂庵の話では、表土保全ために木を植えているが、木の根が張

  らないように処置することにより崩落を防いでいた。毎年表土の風化により砂が軽トラック1台分出ていた。平成10年

  までは自ら管理していたが、その後手入れをしなかったので樹木が大きくなりトンネルの痛みが進んだ。

6.トンネルが崩落すれば、通行者とJR乗降客と鉄道運行に支障が出るだけでなく鉄道事故にもつながりかねない問題

  である。トンネルの管理は、市だけでなくJRの責任でもある。

  
  市は、工事反対者には、同意を得るべく丁寧な説明を行うことが重要。説明を省略す

  ればするほど不信をもたれることになり、住民の合意を得られなくなり、結果的に工

  事が遅れることになる。市の仕事は、合意形成が不可欠であり、
疎かにしてはならな

  いと感じました。

 

« みんなの党告別式が11月28日と決定! | トップページ | 鎌倉市監査委員会が機能していない! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。
 
正直なところ、トンネルの開削は仕方ないのかも知れませんが、道幅を広げると外部からの車両が心配です。
また、ご指摘の通り台風の時は即時閉鎖できたのですから、駅のホームが通行出来るようになれば、地元の用は足ります。
なにぶん、市の説得に誠意が求められるのは言うまでもありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58044619

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会:

« みんなの党告別式が11月28日と決定! | トップページ | 鎌倉市監査委員会が機能していない! »

無料ブログはココログ