« 海水浴場健全化検討部会・第二回会議 (傍聴記) | トップページ | 岡本2丁目マンション用地の特命担当が設置 »

朝日新聞・声『「すべての夫」の給料が先だ』

平成26年11月1日朝日新聞の声の欄に『「すべての夫」の給料が先だ』が掲載されている。

全く同感です。全文引用して掲載します。

女性看護師(58歳)

 安倍晋三首相は「すべての女性が輝ける社会を」と言うが、いまは「女性が輝けていな

社会」なのか。どうなれば「輝ける社会」になると言うのだろうか。

 男性は若者から中高年まで、正社員になれず、安い給料で普通の暮らしすらできずに、

生きることに苦しんでいる人も多い。夫や息子、恋人が苦しんでいる社会で、「すべての

性が輝ける社会」などあるはずがない。

 「すべての女性が輝ける社会」イコール「すべての女性が就職する社会」ということなら

ば、反論する。

出産する女性にとって、子育ては催告に輝ける時だ。子供にとっても、自立まで母親は重

要な存在だ。親子の愛情、ぬくもり、絆を築く時期だ。赤ちゃんや幼児は「ママにいてほし

い」と思っても、泣くことしかできない。私は、仕事よりも子育ての方が大事だと思う。

 国は今、子供を預けて母親が働くことを、やたら積極的に進めようとしているように見え

る。それよりも国がやらなくてはいけないことは、「すべての夫」が親子できちんと生活を送

れるだけの、ちゃんとした給料を取れる社会にすることだ。

(以上引用終わり)

少子高齢時代を克服するには、時間が掛かる。

女性が子育てを安心してできるのは、何も保育園を充実させることや仕事だけではない。

 

国民の家庭生活が、安心してできる環境を作ることが、政治そのものです。

« 海水浴場健全化検討部会・第二回会議 (傍聴記) | トップページ | 岡本2丁目マンション用地の特命担当が設置 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鎌倉おやじ様
いつもお疲れ様です。

まったくその通りで、子供の預け先を確保するより先に、子供を預けなくてもいい社会の方が健全と考えます。

男性の経済的な支えがしっかりしてこそ女性は輝けるのではないでしょうか。

安倍政権の「みんな働かせて税金をとろう」という政策は、親を子供から引き離し、次世代の社会を不安定にするものだと感じます。

目先の税金欲しさに、十年二十年後に思いが至らない自民党政権が、残念でなりません。

看護師さん、長時間夜勤でも強いられて、思考停止してるのかな?
同一労働、同一賃金を実施、8時間労働を死守すべき。かつ10歳以下の子供いる家庭では、時短勤務可能にすれば、問題ないのに、出来ない政府が問題。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/476410119X?pc_redir=1413274396&robot_redir=1

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/57854205

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞・声『「すべての夫」の給料が先だ』:

« 海水浴場健全化検討部会・第二回会議 (傍聴記) | トップページ | 岡本2丁目マンション用地の特命担当が設置 »

無料ブログはココログ