« 議会運営委員会が陳情者に意見陳述させずに結論を出した! | トップページ | 議員にさせたくない人 »

神奈川4区衆議院選の結果

テレビが、衆議院選全国投票率が52.66%となり、戦後最低投票率と報じています。

平成26年12月14日投票の神奈川4区及び鎌倉市の数字について調べました。


神奈川4区投票率が、前回64.42%、今回59.17%で約5%ダウンしています。全国的にも神奈川県下

でも
5%ぐらい下がっています


神奈川県下投票率順位で前回鎌倉市が8位、今回順位4位。今回1位山北町、2位清川村、3位真鶴町


今回選挙で、浅尾降しで自民党幹部が来鎌したことで上がったのか
など、色々考えられるが、県下市区

見るといつも投票率が高い。

鎌倉市民の政治意識が高いと考えるか。

 

神奈川4区投票結果 (投票率59.17%)H26.12.14

立候補者

4区投票数()

鎌倉投票数(率)

浅尾慶一郎

91,063 (48.1%)

42,977 (49.4)

山本朋広

61,479 (32.4)

26,581 (30.5)

加藤勝広

20,063 (10.6)

9,238 (10.6)

荻原隆宏

16,633 (8.7%)

8,146 (9.3)

189,238

86,942

 

神奈川4区投票結果 (投票率64.42%)H24.12.16

立候補者

4区投票数()

鎌倉投票数(率)

浅尾慶一郎

100,632 (48.6%)

47,032 (50.0)

山本朋広

57,542 (27.8)

24,532 (26.1)

加藤勝広

15,456 (7.4)

7,466 (7.9)

荻原隆宏

32,814 (15.8%)

14,917 (15.8)

206,652

93,947

今回の投票数は前回より7千票少ないが、浅尾+山本得票数は前回より2千票減。加藤+荻原得票数は、

5千票減。浅尾と山本との戦いだったことが言える。荻原と浅尾の減から山本と加藤に票が移動した。


山本の得票数が2千票しか増えないで、浅尾が強かったと言える。
 

荻原候補が、供託金没収となる得票しかできなかった。 

民主党公認候補ならこんなことにはならなかった。今回民主党の選挙戦略は、理解できない。


国政選挙と言えども、選挙区での政治活動を地道にやらなければ、票につながらない。

噂ですが、鎌倉の自民党系議員が、浅尾候補の選挙ハガキを書いて応援していたとのこと。

鎌倉の自民党が、やはり一枚岩で選挙活動していなかったと言える?


これまでのように、風や流れで選挙は勝てないことがはっきりしたのではないか。


投票率が、四分の三以上無いと、勝っても民意を得たとは言えないと考えていますが、どうすれば投票率

上がるのだろうか。

« 議会運営委員会が陳情者に意見陳述させずに結論を出した! | トップページ | 議員にさせたくない人 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58273808

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川4区衆議院選の結果:

« 議会運営委員会が陳情者に意見陳述させずに結論を出した! | トップページ | 議員にさせたくない人 »

無料ブログはココログ