« 鎌倉市通販サイトでお馴染みの武雄市長が佐賀県知事選に | トップページ | 入るを量(はか)りて出づるを制す »

戦後70年を迎えて

私は、3月になれば70歳になる。昭和20年3月生まれです。戦中派の最後の生まれで、現在生きている世代では出生数が

一番少ない世代だと思います。


小中高とクラスはほとんど3~5クラスしかなかった。妻は、4歳年下で10クラス以上いつもあったベビーブーム生まれです。

戦災で焼夷弾が降るなかを逃げた経験はないですが、小さいころの「ひもじい」思いは経験しています。家の庭に野菜を作っ

ていました。甘いものが無いので「サトウキビ」を作ってもらい、それがおやつでした。幼稚園に行く頃になれば、母からはも

らえなかったが、お婆ちゃんにおこずかいを貰い「駄菓子屋」であめ玉を買うのが楽しみの一つでした。


小学校の時、クラスの何人もが、父を戦争で亡くしていた。それだけに、戦後70年の平和をありがたく思います。

現役時代は、右肩上がりの時代で、バブルを経験したし、バブルが弾けた後も何とか「逃げおおせた世代」です。

子どもたちのことを見ていると、自分たちは、幸せな世代だったと痛感しています。


今の時代は、右肩下がりの時代で、富の再配分をきちっとやらないと格差が広がるばかりです。

国政はともかく、鎌倉市政を引き続きウオッチしたいと思います。


河島英五「時代おくれ」 作詞・阿久悠 作曲・森田公一

「目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず、人の心を見つめ続ける、時代遅れの

男になりたい。」

この歌詞のようにできればよいが、無理をせずに...。

« 鎌倉市通販サイトでお馴染みの武雄市長が佐賀県知事選に | トップページ | 入るを量(はか)りて出づるを制す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58441466

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年を迎えて:

« 鎌倉市通販サイトでお馴染みの武雄市長が佐賀県知事選に | トップページ | 入るを量(はか)りて出づるを制す »

無料ブログはココログ