« ゴミ戸別収集モデル事業 | トップページ | 浅尾慶一郎議員が地域政党設立へ »

19995年1月17日阪神・淡路大震災から20年

あさって1月17日になれば、阪神・淡路大震災から20年が経過します。

3月11日になれば、東日本大震災から4年が経過する。どちらの日も寒い時期であり、雪がちらついていた記憶がある。

幸いなことに神戸の親戚の中で死んだ人はいないが、家が壊れ住むところが無くなった者がいた。

私の母親が、大阪・豊中で一人住まいをしていて、部屋の家具が倒れて部屋から出られず、隣家の人に助けられました。

震災後に豊中の家に戻ったことなどが目に焼き付いている。



豊中の家の片づけを終え、阪急電車が西宮北口駅まで動いていたので西宮の親戚まで行くことにしました。

親戚は、西宮北口駅から10分ほど歩いたところにありましたが、駅を降りた途端、周りは、爆弾が落ちたような惨状でした。

瓦屋根の古い家は、屋根が壊れ、ひどいのは、家が崩壊しておりました。下駄ばきマンションなどは、1階部分が無くなり、

2階が1階になっていたり、病院の中階部分の1階が潰れていたりした。親戚の家も柱が傾いており、大きな余震が来れば

崩壊するような状態でした。親戚を豊中の家に連れて帰り、風呂に入れたら「生き返った」と喜んだのが印象的でした。


家内も、家内の実家の片づけで帰っていましたが、その時に「ギックリ腰」になり、いまだに腰痛に悩まされている。


当ブログ「幸せを運べるように」という歌と言う記事を昨年1月19日に書いています。


「しあわせ運べるように」 - YouTube  を聞いてください。



阪神・淡路大震災からの復興を願って作られたすばらしい曲です。

いまでも勇気と希望を与えてくれます。

« ゴミ戸別収集モデル事業 | トップページ | 浅尾慶一郎議員が地域政党設立へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58593860

この記事へのトラックバック一覧です: 19995年1月17日阪神・淡路大震災から20年:

« ゴミ戸別収集モデル事業 | トップページ | 浅尾慶一郎議員が地域政党設立へ »

無料ブログはココログ