« 行政文書の作成に関する指針 | トップページ | 鎌倉市の広報活動について »

岡本二丁目マンション跡地土地活用ついて

平成27年2月27日2月議会総務常任委員会において「岡本二丁目マンション跡地土地活用について」が

報告され、松
中委員などから下記の資料要求がありました。



大船二丁目マンション計画跡地の寄付に関する時系列
 

1.H173 :開発許可
 

2.H26.10.7 :寄付について議会報告
 

3.H26.10.8  :寄付合意書締結
 

4.H26.10.10  :所有権移転登記
 

5.H26.11.1  :岡本二丁目特命担当設置(H273月末まで)
 

6.  H26.11.20    :「岡本二丁目用地活用基本計画検討委員会設置要綱制定」 

7.H
26.11.28   :第一回岡本二丁目用地活用基本計画検討委員会資料


8.H
26.12.22   :広報かまくらH27.1.1号に条例に基づかない意見募集掲載(課長決裁) 


9. H27.1.21     :
岡本マンション「用地活用の基本方針()」の制定及び市民意見公募の実施


  時系列の疑問

  岡本マンションの用地活用の基本方針と意見募集(市長決裁)を平成27年1月に決める前に、条例に

  基づかない
意見募集の掲載を12月に課長が決めている。

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

  松中委員の主な意見 

1.この土地は、瑕疵物件であり、寄付前は、開発できないと言いながら、寄付後は、開発できると言うのは

  いかがなものか。

2.跡地利用の目的は、市民会議の願いを叶えることであり、「緑と景観を守ること」です。まず一番にやる

  こと
は、市道回復です。

3.寄付前に土地鑑定書を取っていない。鑑定書の取得を求める。

4.政策決定に当たっては、十分な事前調査を行うべきだ。また、市の総合計画や公共施設再編計画と

  の整合性を求める。

5.現状では、議会として判断できない。急いで政策決定を行えば、トラブルが起きかねないので、慎重に

  行って
いただきたい。

  中澤委員の意見 

 Q セコムの寄付に関する決定は、株主総会の議決を得ているか。とれていなければ、株主代表訴訟や

   損害賠償訴訟の
対象なる恐れがある

 A セコムの確認が取れていない。

 セコムの寄付決定の確認と土地鑑定書取得を行い、改めて報告を受けることになった。

« 行政文書の作成に関する指針 | トップページ | 鎌倉市の広報活動について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2015/2/25<岡本二丁目マンション計画跡地>

「用地活用の基本方針(案)」に対する市民意見募集の結果について

買収予定時には公園計画だった。

寄付後にはなぜか施設建設案が浮上???

(意見内容)→http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150228.htm

以前書いた内容で悪玉は副市長と
小磯です。ひょっとして小澤と書いていたかも
小澤(誤)⇒小磯です。訂正お願いいたします。


【拡散希望】2015/2/25 鎌倉市議会2月定例会 建設常任委員会

日程第9 報告事項

(1)岡本二丁目用地活用に向けた取組状況について

(中継録画約29分)→ http://youtu.be/Bczj6J_3F1E


【拡散希望】2015/2/26 鎌倉市議会2月定例会 総務常任委員会

日程第13 報告事項

(1)岡本二丁目マンション問題等について

(中継録画約37分半)→ http://youtu.be/KhUREFMp9NM

資料等が揃い原局が答弁準備出来た時に総務常任委員会再開へ


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59080204

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本二丁目マンション跡地土地活用ついて:

« 行政文書の作成に関する指針 | トップページ | 鎌倉市の広報活動について »

無料ブログはココログ