« 広島カープに復帰した黒田投手 | トップページ | 岡本マンション用地の不思議 3(行政手続?) »

「大船まつり」に映画仮想パレードを加えると発表

大船まつり」は、毎年5月の第二日曜日に開催されており、今年で第12回を迎え、7万人が集ま

る鎌倉市内最大級のお祭りです。
 

212日鎌倉記者クラブにおいて、今年の「大船まつり」にて、新たに映画仮装パレードを行うと

いう記者発表がありました。

 


新たに「チームサムライ」が実行委員に参加して映画仮装パレードを行う。
 

このパレードは、松竹大船撮影所が60年以上にわたり大船にあったことと、松竹㈱が創立120

周年を迎えることと併せて、松竹の協力を得て、従来のパレードに映画登場人物の映画仮装パレー

ドを加えることになりました。

150217_1440_001


  映画仮装パレードの内容

 

1.仮装参加人数:150名。
 

2.仮装パレード ①松竹映画部門。②邦画部門。③洋画部門
 

3.参加費は無料、ただし事前申込制。 参加要領は、クリックしてください。



チームサムライは、『千年続く祭りを、鎌倉に。』を合言葉に、2011年11月、鎌倉

市観光
協会の発案で発足した市民団体です。メンバーには、俳優の夏八木勲さんがおられま

した。


パレードに鎌倉観光大使の中井貴一、鶴田真由などが、参加していただければ最高なんだ
 


女優だった中井貴惠は中井貴一の姉であり、二人の母は、大船の食堂の娘だったから、

大船
大いに縁がある。

 

 


この事業は、松竹の支援の下に行われ、大船に松竹撮影所があった証である。

市民が作る映画文化事業です。


大船地区には、鎌倉女子大・三菱電機研究所・鎌倉芸術館などがあり、鎌倉の「学術の研究・

文化エリア」にしたいものです。
 


それに引き替え、「川喜多映画記念館」は、川喜多映画記念財団のために
多額の市税を使って

いるのと同じで、市民のためになってはいない。


来年度も予算が計上されているが、議会は反対すべきです。

 

川喜多映画記念館は、閉館させようではありませんか!

 

 参考

1.葉山インサイダー「寅さんの松竹 鎌倉大船まつりに参加 チームサムライが企画 200人の

  映画仮想パレード」

2.当ブログ「鎌倉市映画文化事業について」 「川喜多映画記念館指定管理者募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 広島カープに復帰した黒田投手 | トップページ | 岡本マンション用地の不思議 3(行政手続?) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58969451

この記事へのトラックバック一覧です: 「大船まつり」に映画仮想パレードを加えると発表:

« 広島カープに復帰した黒田投手 | トップページ | 岡本マンション用地の不思議 3(行政手続?) »

無料ブログはココログ