« 2月議会無所属議員3名の鋭い質問に行政がタジタジ? | トップページ | 「川喜多映画記念館」は、常設する必要が無い! »

平成27年度ごみ戸別収集モデル事業予算の不思議

2月議会において3月5日より5日間にわたり予算特別委員会が開催され、平成27年度予算が審議される予定です。

当ブログで、ごみ戸別収集事業の問題を取り上げてきましたが、またまた疑問が出て来ました。


You Tube   2015/2/19 保坂令子鎌倉市議会議員代表質問(ごみ関連)    よれば、

松尾市長答弁

平成27年度において「ごみ戸別収集モデル事業」を6か月間行い、ごみ有料化後の戸別収集におけるゴミ減量・ごみ組成

調査を行い、同データーを利用し戸別収集事業開始に向けて検討していきたい。」と答弁がありました。

しかしながら、平成27年度モデル事業の予算計上は、9ヶ月されています。


当ブログ「
鎌倉市の事業決定の不思議(ごみ戸別収集モデル事業) Ⅱ」によれば、 

平成27年度予算「戸別収集モデル地区収集運搬業務委託費 42,353千円」は、平成27年4月~ 

12月までのモデル事業予算です。

 

「七里ヶ浜・鎌倉山・山ノ内地区収集運搬業務委託費 3,498千円」は、平成28年1月~3月まで

のモデル地区における従来のクリーンステーション収集業務委託費です。モデル地区における戸別

収集は、平成27年12月で終了し、平成28年1月~3月は従来型収集の予算案です。とあります。

 

 

疑問点

 

1.モデル事業費が市長答弁と整合性が取れない。

 

  松尾市長答弁では、平成27年度モデル事業を6か月間行うが、予算計上額は9か月間です。予算は、

  3か月間モデル
事業費を多く計上、クリンステーションによる収集費は、3か月分少ない。

 

2.平成26年度より市は、包括予算制度を取っており、各部に配分された予算額の配分は、各部長に委ね

  られている。
環境部予算額の一部(モデル事業)が、市の方針となぜ相違しているのか?

 

 

  モデル事業予算に3ヶ月の余裕を持たせている?

  モデル事業を半年で終了する方針なら、その通りに予算額を計上するべきだ。半年

  以上モデル事業を継続しなければ
ならない時点で、補正予算を計上するべき。

  


    いい加減な予算計上と言わざるを得ない。

   環境部だけでなく、各部の予算計上のチェックをする体制があるのか。


  誰が予算チェックを行っているのか? 



    疑問が深まるばかりです!

 

 

« 2月議会無所属議員3名の鋭い質問に行政がタジタジ? | トップページ | 「川喜多映画記念館」は、常設する必要が無い! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


何故、鎌倉市議会インターネット中継録画のアップが1週間位後になるのでしょうか?

多額な費用を使っているので翌日にはアップすべきです。

是非ともスマホで見ることが出来るように要望します。

●2015/2/10 総務常任委員会

(経営企画部・総務部) 日程第1 報告事項

(2)岡本二丁目マンション問題等について

(中継録画約13分)→ http://youtu.be/2DaOoI2uDwY

【拡散希望】2015/2/21(カナロコ)勤務中にたびたび飲酒 鎌倉市課長補佐が減給処分

http://www.kanaloco.jp/article/84433/cms_id/127328

監査は長嶋議員となっているが、力量不足ではないかと思える。
他のことでは話題をまいている割にはゴミに関してはうやむやな感がある。
何処かから懐柔されているのではとも思える節がある。
ただしできるだけ早く戸別収集に持って行きたい市の誰かの意向が働いていると思える。
ゴミには利権が絡みついているから。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59002909

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度ごみ戸別収集モデル事業予算の不思議:

« 2月議会無所属議員3名の鋭い質問に行政がタジタジ? | トップページ | 「川喜多映画記念館」は、常設する必要が無い! »

無料ブログはココログ