« 鎌倉市の事業決定の不思議(ごみ戸別収集モデル事業) Ⅱ | トップページ | 葉山町職員の素晴らしいアイデア! »

海水浴場健全化検討部会に異議あり !

海水浴場健全化検討部会・第五回会議が2月5日開かれました。

平成27年2月6日神奈川新聞『協議会議論は「提言」 海水浴場規制で鎌倉市 形骸化に批判も』と

読売新聞
鎌倉市 海の家関係者が協議参加」とが、海水浴場検討部会の記事を書いています。

当ブログ「海水浴場健全化検討部会・第四回会議に海の家関係者が不参加」にも書いています。

海の家関係者が不参加ならそれでも良い。不参加のままで議論を進めればと書きましたが、とんでも

ない形で
検討部会が進められているようです。

 



二つの新聞記事によると、海水浴場健全化検討部会が単なるガス抜き組織になってしまっている。

 



今までの検討部会の役割は、海の家の運営ルールを含め、海水浴場健全化に寄与するべく、意見をまと

めて
市に申し入れ、市はそれを基に、海の家運営ルールを含めた海水浴場健全化のルールを決めるはず

だった。



疑問点

1.市はこれまで、協議会で海の家の営業ルールを決めるとしてきたが、この日の会合で海の家側の要望

  を
受け入れる形で「提言にとどめる」ことを明らかにした。検討部会の意見は単なる提言で、海の家は、

  意見を
参考にするが、海の家運営ルールを独自に決めると言う。



2.前回会議は、正式な会議でなく、「プレ会議」とする。今までの役員を変更? なぜ! 

  海の家関係者が欠席したから?   市は、参加者をないがしろにしていない? 



3.海の家営業時間の議論で、海の家関係者は「昨年同様午後10時までを譲らず、周囲に迷惑がかから

  ないよう解決策を練る」と考えを示したとあるが...。
 

  近隣住民に迷惑が掛かっているから営業時間短縮を議論しているのに、具体的な対策を示さずにゴネ

  ているとしか思えない。

 



市は、検討部会の基本内容を海の家側の要求で変更して当事者能力を失っている!

 

  岡本二丁目マンション問題において、
住民が市に開発ストップを訴えたが、聞き入れ

 られ
なく、県審査会に訴えたケースを思い起こさせる事態だ。 

 



 海水浴場にて迷惑をこうむっている住民及び町内会関係者は、管理責任のある神奈川

 県に訴えるしかないのではないか。

« 鎌倉市の事業決定の不思議(ごみ戸別収集モデル事業) Ⅱ | トップページ | 葉山町職員の素晴らしいアイデア! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/58840762

この記事へのトラックバック一覧です: 海水浴場健全化検討部会に異議あり !:

« 鎌倉市の事業決定の不思議(ごみ戸別収集モデル事業) Ⅱ | トップページ | 葉山町職員の素晴らしいアイデア! »

無料ブログはココログ